イベントトップに戻る

大挑戦者祭2007 レポート

開催日:2007年3月11日  会場:東京・赤坂プリンスホテル

「食品」 - 食品自給率40%!日本の食の未来を守る

日本の食の自給率は、なんと40%にも落ち込んでしまった。海外からは容易に、そして大量に食品が流れこみ、日本の各農地では深刻な後継者不足が叫ばれている。
なぜ、このような事態になってしまったのか、どうすればこの事態を打破できるのか、異なる事業を展開しながら、「食」のキーワードで結ばれた5人の経営者が、熱い議論を戦わせた。

生産者の思い、消費者の評価を、相互に伝えることで農業を活性化


出雲:1961年には約8割だった日本の食の自給率が、40年ちょっとで半分にまで落ち込んでしまいました。食卓にも外国産のものが多く並び、どう 作られたかもわからないものを食している状態です。「食品クライシス」は安全面でも、輸入に頼りすぎているという点でも当てはまると思うのですが。

高島:私は生産者と直接取引をすることが多いですが、農家の人は自分が作った野菜がどのように評価されているかって、知る術がないんです。なので、 ITを使って消費者の生の声を生産者に伝えてあげる。そうすると、それを受けて「もっとおいしいものを作ろう」って改めて奮起するみたいですね。どんなに いいものを作っても、キロ当たり一律の値段をつけられてしまうという仕組みが、農家をビジネスとして社会的に向上させられなかった1つの要因ではないで しょうか。

萩原:築地では、良いものはちゃんと高いです。高島さんが言うように「評価が大事」という意味では、市場が目利きとして品物の質を判断するいいポジ ションにあります。昔は八百屋や魚屋が消費者の近くにたくさんあって、彼らが品物の質を判断して仕入れていました。それを買った消費者が「この間のトマト おいしかったよ」と、また八百屋や魚屋に評価を伝えることで、それが卸業者に伝わり、生産者に伝わったんです。最近ではスーパーができて、この流れが断絶 してしまいましたから、私達が八百屋や魚屋の役割を担うべく努力しているところです。

消費者の声を生産者に届けたり、消費者の評価を価格に反映させることが、農家の社会的地位を向上させるのに有効であるということだ。しかし、逆に生産者の取り組みを消費者に伝える活動も大切だという。

出雲:日疋さんは、なぜ串一本単位のトレーサビリティを実現しようと思ったのですか?

日疋:私は生産者だけでなく、それを運ぶトラックの運転手、肉を串に刺していく人、それぞれどんな人が、どんな思いでやっているかを伝えたいと思ったんです。それで一生懸命サイトに書いたりしていますが、消費者はなかなか読まないですね(笑)。

丸:私は中・高生やその親に、実際に農地へ行って農作物の苗を植えてもらい、その後、サイト上で農家の人と農薬の量などを相談しながら、遠隔栽培が できるサービスを行っています。そうすると、消費者にも生産者の苦労や頑張り、思いが伝わるんですね。そういうことも大切なんじゃないかな。

農業のスタープレイヤーを輩出することで、生産者の地位向上を図る

ここで、自給率を上げる必要性について、改めて丸氏から疑問が出た。海外のものが容易に輸入でき、何不自由ない現状で、自給率の向上は本当に必要なのだろうか?

高島:今、農家の平均年齢って60歳くらいなんですよ。単純に、10年後に農業の現場がどうなってしまうのかというあせりがありますよね。日本でも スキルが高い農家の作物は、海外のものなんかよりずっとおいしい。これが今後若い人につながらないという危機感もある。でも、比較的裕福な農家には跡継ぎ がちゃんといるわけですから、やっぱり社会的、経済的評価が農業に必要ということなんだと思います。

萩原:農作物を育てる仕事って、1年に1度しか行えない作業もたくさんある。だから技術の習得に時間がかかるんです。自給率がさらに深刻な数値まで 低下してから、じゃあ新しく農業を始めようと取り組んでも、そこからきちんと育成し、機能するようになるまでには数年かかる。これは人の育成だけじゃな く、土壌の育成にもです。

では、どうしたら生産人口が増やせるのか。

高島:フランスなんかでは、農家の人が皆カッコイイんです。上場したりするところもあって、社会的地位も高い。日本もそんなシンボリックな農家が出てくるべきです。

出雲:教育現場として農家に若者を連れて行く活動をしている丸さんから見ても、農家はカッコよくないですか?

丸:カッコよくないというか、カッコよさが表面に出てこないですよね。私が若者を農業の現場に連れて行くのは、実際に現場を見て、若者が自発的に農業をやってみようと思う風土を確立したいからなんです。それには確かに影響を与えられるシンボリックな農家が必要。

萩原:全国には豪邸に住んでいる農家も結構いるんですよ。彼らは野球でいうイチローを目指していて、「世界に通用する野菜を」と頑張っています。で も、日本の農政は頑張っていない農家に足並みを揃えようとしている。だからいつまでも農家の社会的地位は向上しない。そこで私達がインターネットを使って スタープレイヤーの存在を全国に広め、それに続く農家を輩出すべきなんです。

高島:うちが取引している農家の中に「カリスマ農家」っているんですよ。「○○さんの作った野菜じゃなきゃ嫌だ!」という声がたくさん出ている。そ ういったカリスマ農家を増やすために、私達は「このキュウリはこんな風に作りました」とか、「このトマトはこういう風に食べるとおいしいですよ」というよ うな生産者の声をできるだけ届けるようにしています。それが伝わることで、消費者は生産者の思いを受け、集中して食べるようになる。すると、よりその野菜 のことが印象に残り、野菜に価値が出るわけです。

萩原:その野菜にバリューがつけば、消費者は高いお金も払ってくれます。そのバリューが、こだわって苦労して作ってきた生産過程なのか、「ここでし かとれない」というような希少性なのか、「あの有名人も御用達」というセンスなのか、どれに訴えてもいいんです。なぜその値段になったのかを正しく伝える 役割がいないと、いつまでも価格競争が続いてしまいますよね。

出雲:野菜の話が続いていますが、豚肉の場合はいかがですか?

日疋:皆さんは日本全体を相手にされていますが、うちは埼玉のみがターゲットなんです。黒豚というと鹿児島が有名ですが、実は埼玉も養豚が盛んでし た。なぜ埼玉の黒豚が残ったかというと、地元の人に愛されてきたからですね。前に目隠しテストで、鹿児島産の黒豚とうちの黒豚を食べ比べてもらったら、不 思議と関東出身の人はうちの黒豚の方がおいしいと言ってくれました。子供の頃から慣れ親しんだ味ってあるんです。それで埼玉の黒豚を見直してもらえた。野 菜も肉も同じで、味の違いをきちんとわかってもらうことが大切です。

丸:でも味の違いは目に見えないから難しいところがありますよね。あるスーパーでは、生産地から店までの距離を表示していて、距離が長いほどCO2 をたくさん排出しているんですよということを数値で表しているんです。その土地で獲れたものを食べようと、環境に訴えているわけですね。これも1つの方法 だと思いました。

おいしく楽しく、食育をエンターテインメントに

これまでの話を踏まえ、テーマは「食育」に。

高島:オイシックスのサイトでは、農薬だとか防腐剤だとか、あまり恐い話はしていません。お客様が「おいしい」「満足」「また買いたい」と思ってく れればいいんです。考えや知識を押し付けるのではなく、お客さんが食生活をより楽しく感じることで、食に対する認識を高めてくれれば、というのが僕の立ち 位置です。

出雲:教育という観点で、たくさんの若者を農地に連れて行く方法、おいしく楽しく食の魅力を伝える方法、食育には色々なアプローチの仕方があるんですね。

萩原:食べ物は理屈ではなく、おいしく楽しければいい。あまり「教育」を強調してしまうより、食をエンターテインメントとして捕らえられるようにな ればいいんです。食べ物を楽しむカルチャーがあれば、いい加減な食事はよくないなと思うようになるし、それがないと、「コンビニ弁当でいいや」になってし まう。

出雲:どのようにエンターテインメント性を求めているのですか?

萩原:私のサイトでは、出産の内祝や、父の日、母の日などの贈答品としてのご利用が多いんです。有名な百貨店の包装紙でくるまれたものより、手書き のメッセージ付きで、驚くようなものが入っている方が喜ばれることもあるでしょう。そういったお客様の食に関する日々の驚きや喜びを演出するお手伝いをし ているというのが実態ですね。

出雲:日疋さんは、「埼玉といえば黒豚」というイメージをどのように発信しようと思っていますか? ロジカルに? それともエンターテインメント性を活かして?

日疋:先日、米国大使館の隣に「黒豚劇場」という店を出したんですが、そこでは黒豚のみならず、ビールや日本酒、そしてできる限りの食材を埼玉産の もので揃えています。それらをおいしく食してもらいつつ、秩父のライン下りのことや川越祭など、あちらこちらに情報を提示して、埼玉に興味を持ってもらう 仕掛けも作っています。それで最後に「おいしかった黒豚が埼玉産なんだ」というところに集約してもらえればいいなと。

丸:確かに、食べることとエンターテインメントは表裏一体で、僕も、農地で実際の農業を体験しながら知識を高めてもらうという取り組みをしていま す。そして、最終的には正しい知識を得てもらうということが大切ですよね。正しい情報が得られれば、消費者は食を含めたライフスタイルをもっと選択できる ようになる。

出雲:確かに「正しい情報を伝える」という点では、教育でもトレーサビリティでも、ITを使って楽しく消費者に伝えるということでも共通していますね。

「衣食住」のど真ん中に位置する「食」。当然ながら「食」は生きる上で大切な行為であり、また、本来充分に楽しめる行為であるはずだ。「食」にエン ターテインメント性をからめることで、おいしく、楽しく、消費者に「食」の大切さを訴える。そして食べ物の価値を向上させ、さらには農家の地位を向上さ せ、スタープレイヤーを生み出すことで、農家を憧れの職業にできれば、自給率はおのずと上がっていくはずだ。

今回参加した5名のパネリストは、今後もそれぞれの場所、それぞれの方法で、それに取り組んでいくに違いない。



プロフィール

オイシックス株式会社
代表取締役社長 高島宏平氏

1973年神奈川県生まれ。マッキンゼー日本支社にて、Eコマースグループのコアメンバーの一人として活躍。2000年に「一般のご家庭での豊かな食生活 の実現」を企業理念とし、インターネットで食材販売・食生活サポートを行うオイシックス株式会社を設立。お客様の理念に立った便利なサービスを推進してい る。2006年Entrepreneur Of The Year Japanでファイナリスト選出(優秀賞)。日本の優秀起業家13人の1人となる。

株式会社食文化
代表取締役社長 荻原章史氏

1962年静岡県生まれ。上京後、都内レストランで飲食業の経験を積む。大学卒業後、大手ゼネコンに勤務、通算13年を海外で勤務。2001年株式会社食 文化を設立し、同年「うまいもんドットコム」を開業。パソコンを使えない生産者のための、ネット販売システムを開発し、全国の厳選の食を紹介販売。 2004年より築地市場と提携し、BtoCサービスである「築地市場ドットコム」を開始。

株式会社ひびき
代表取締役 日疋好春氏

埼玉県東松山の老舗焼き鳥メーカー。地元の高級黒豚の販売にも力を入れ、現在は12の常設テイクアウト店舗に加え、全国の百貨店へもその食文化を普及。ま た、アメリカ大使館隣に、民間主導の埼玉県アンテナショップとして「黒豚劇場」をオープン。同時に全国焼き鳥都市をネットワーク化し、全国焼き鳥連絡協議 会を組織。焼き鳥の地位向上に取り組んでいる。また、中食業界としては初めて、串一本単位での生産流通履歴管理を実現。

株式会社リバネス
代表取締役 丸幸弘氏

1978年神奈川県生まれ。在学中の2002年に「科学技術の発展と地球貢献を実現するを企業理念とした、日本で初めてのバイオ教育ベンチャー有限会社リ バネスを、理工系大学院生のみで設立。後に組織変更し、株式会社リバネスに。2003年Entrepreneur Of The Year Japanのセミファイナリストに選出。現在は福島県に完全循環型ハイテク農村を設立中で、平成20年に完成予定。

コーディネーター
株式会社ユーグレナ
代表取締役 出雲充氏

1980年広島県生まれ。大学時代、米国スタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」の日本代表を務め、帰国後友人と会社を立ち上げ る。卒業後は東京三菱銀行入行。一年後退社し、現在は株式会社ユーグレナ代表取締役。微生物ユーグレナの世界初大量培養に成功し、サプリメントビジネスと 二酸化炭素の排出権取引を通じた環境ビジネスに挑戦している。著書に「東大に入るということ、東大を出るということ」など。

前のページに戻る


ビジネスプランコンテスト DREAM GATE GRAND PRIX ファイナル

ゲスト審査員
Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
グローバル カタリスト パートナーズ工学博士
マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者 大澤弘治氏
(株)サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山咲恵氏
(株)サンブリッジ 代表取締役会長兼 グループCEO アレン マイナー氏
GMOインターネット(株) 代表取締役会長兼社長 熊谷正寿氏
タリーズコーヒージャパン(株) 代表取締役社長兼 チーフバリスタ 松田公太氏
(株)ホリプロ 代表取締役副会長 堀 一貴氏

DREAM GATE GRAND PRIX 2007 全国9エリア代表者決定戦
北海道エリア 東北エリア 関東エリア 中部エリア 近畿エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア 沖縄エリア

メインステージ

オープニングサプライズ Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
「基調講演」志あるところに成功あり~世界標準へのあくなき挑戦~ (株)エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄氏
海外起業家講演 百度 Chief Executive Officer Chairman Robin Li氏
「スペシャルステージ」 - 夢持ち続け日々精進 (株)ジャパネットたかた 代表取締役 高田 明氏

カンファレンスステージ

「食品」 - 食品自給率40%!日本の食の未来を守る
オイシックス株式会社 高島宏平氏
株式会社食文化 荻原章史氏
株式会社ひびき 日疋好春氏
株式会社リバネス 丸幸弘氏
コーディネーター:株式会社ユーグレナ 出雲充氏
「ファッション」 - 多様化する未来のファッションを創る  株式会社アパレルウェブ 千金楽健司氏
株式会社カフェグローブ・ドットコム 矢野貴久子氏
Codio Inc. 丁基子氏
株式会社ヘルメット 植松晃士氏
コーディネーター:株式会社ニューゲージ 如月音流氏
「広告」 -次世代広告に見る新しいコミュニケーション方法とは  株式会社RSS広告社 田中弦氏
サーチテリア株式会社 中橋義博氏
株式会社NIKKO 加藤順彦氏
バリューコマース株式会社 ティム・ウィリアムズ氏
コーディネーター:シーネットネットワークスジャパン株式会社 西田隆一氏
「金融」 - 金融大競争時代の金融イノベーションとは  グローバル カタリスト パートナーズ/工学博士 大澤弘治氏
ネットマイル株式会社 水野千秋氏
リスクモンスター株式会社 菅野健一氏
マネックス証券株式会社 松本 大氏
コーディネーター:株式会社フィナンシャル 木村 剛氏
「不動産」 - アントレプレナーが未来都市を創る
株式会社エスグラントコーポレーション 杉本宏之氏
株式会社企画ビルディング 宮本正好氏
株式会社リーテック 平松克敏氏
株式会社パシフィカ・モールズ セス・サルキン氏
コーディネーター:アールプロジェクト株式会社 永井好明氏
「エンターテイメント」 -多様化するエンターテイメントビジネスの可能性
株式会社インディソフトウェア 野津幸治氏
株式会社エンタク 左舘経明氏
株式会社GDH 石川真一郎氏
株式会社トルネード・フィルム 叶井俊太郎氏
コーディネーター:株式会社カフェグルーヴ 浜田寿人氏
「IT」 -業界先駆者が考える、5年後のネットコンテンツの在り方とは
株式会社アイスタイル 吉松徹郎氏
株式会社ドリコム 内藤裕紀氏
株式会社マクロミル 杉本哲哉氏
Melodis Corporation Keyvan Mohajer氏
コーディネーター:株式会社インプレスR&D 井芹昌信氏
「旅行」 - 旅行業界の新しい価値を生み出す
ロケットプレーン・キスラー社 チャールズ・ラワ氏
旅ウェブ株式会社 肥後愛樹氏
株式会社ビィー・フリーソフト 綿引隆一氏
フォートラベル株式会社 津田全泰氏
コーディネーター:株式会社リクルート エイビーロード・リサーチ・センター 稲垣昌宏氏
「教育」 - 起業家が子供を変えて、世界を変える。アントレプレナー流子供教育・労働教育
株式会社キッズシティージャパン 住谷栄之資
デジタルハリウッド株式会社 藤本真佐氏
デジット株式会社 舩川治郎氏
株式会社ネクシィーズ 近藤太香巳氏
コーディネーター:慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー 牧 兼充氏
「環境」 - 環境をビジネスにした新たな価値
株式会社イースクエア ピーターD.ピーダーセン氏
株式会社サティスファクトリーインターナショナル 小松武司氏
株式会社省電舎 中村健治氏
NPO法人北海道グリーンファンド 鈴木享氏
コーディネーター:株式会社リサイクルワン 木南陽介氏
「サービス」 - サービス精神が世界の人々を豊かにする
株式会社バルニバービ 佐藤裕久氏
株式会社Huge 新川義弘氏
株式会社ワンダーテーブル 林祥隆氏
株式会社SEED-TANK 古里太志氏
コーディネーター:株式会社セレブレイン 高城幸司氏
「モバイル」 - 未来のモバイルビジネスによって、人類のコミュニケーション方法を変えていく
KLab株式会社 真田哲弥氏
株式会社ドワンゴ 川上量生氏
株式会社NAVIBLOG マンダリ・カレシー氏
コーディネーター:モバイル・コンテンツ・フォーラム 岸原孝昌氏