イベントトップに戻る

大挑戦者祭2007 レポート

開催日:2007年3月11日  会場:東京・赤坂プリンスホテル

「基調講演」志あるところに成功あり

今は大変化の真っ只中

ジミー・ウェルズ

20 数年前、アルバイトで稼いだ資金で世界50カ国以上を旅行し、1973年から76年は西ドイツに留学をしていました。帰国後、友人と二人で旅行会社を創業 したわけです。当時はコンピュータもなく、旅行の予約受付は電話と手書きのメモで行っていました。中国に行ける人も一握り、マイクロソフトもまだ創業前と いう時代です。わずか20年でこの変わりよう。事実上はこの10年で大変化が起きているのです。
日本の歴史上、これまでに大きな変化は3つありま した。1つ目は、明治維新。これを期に、日本を代表する大企業が続々と誕生したのです。2つ目は、戦後。ホンダやソニーという新しい企業が続々と生まれま した。そして、3つ目は現在です。まさに今、大変化の真っ只中。この変化は89年に「ベルリンの壁」が崩壊した時にスタートし、マイクロソフトやグーグル といった世界的な企業が続々と誕生しています。世界的な情報革命のど真ん中にいるのです。起業家にとっては大チャンスの時。この流れをとらえて先を読め ば、10年後には世界的企業にしていくチャンスにあふれている。こんな機会は滅多にありません。しかし、流れは激流であり、一歩間違うと倒産してしまいか ねない。チャンスは危機と表裏。ハイリスク・ハイリターンの世界であることも確かです。
H.I.Sは、現在、世界に70拠点、国内230店以上を 展開しています。私は2カ月に1回は海外に行き、世界でいろいろな変化が起きていることを見聞きしています。マカオは世界一のカジノを目指して数兆円規模 の投資が行われている。ベトナムでは空前の株式ブームで、新しい企業がどんどん生まれて活気に満ちている。ドバイでは、砂漠の街だったところが一大避暑地 になっている。ホテルの稼働率は80%以上で、新しいホテルが続々とオープンしている。このように、世界は大変化、チャンスに満ちています。この現状をよ く見て、ビジネスチャンスにするべきだと思います。
ビジネスで最も重要なのは、情報です。いかに早く情報を入手するか。情報を手に入れれば、何をすればいいか、どこに投資すればいいかがわかります。

正しいことはいずれ理解される

ジミー・ウェルズ

私 が創業した76年当時、海外旅行は価格が高く、3、4%の人しか行けませんでした。いまでは50%以上の人が出かけていますね。ヨーロッパ旅行は70万 円、アメリカだと40万円もしていました。しかも、向こうから日本にくるのはその半分の金額で済む。これはおかしいと。半額にすれば、飛ぶように売れるだ ろうと思ってビジネスを始めました。しかし、最初の1カ月間は来客ゼロ。3カ月経ってもお客さまが来ないのです。この国はおかしいんじゃないかと思いまし た。半額にすれば、世の中のためになる。若い人が海外に行けて視野を広げることができる。絶対に喜ばれると思いました。半年経っても来ません。何回もやめ ようと思いました。 なぜ来ないのか、よく考えてみたのです。信用がなければ無理もありません。小さい、汚い事務所で、若い人間がやっている。即金の先払いでチケットは空港渡 し。いい話には詐欺が多い。これでは誰も買わないだろう、自分だって買わないと思いました。
半 年経って、どんどんお金がなくなっていきました。このままでは倒産は免れないという状況です。その頃、ヒマでしたので、店で本を読んでいたのです。そこに 「継続は力なり」「石の上にも三年」と書かれていた。正しいことはいずれわかってもらえる。そう思って我慢をしたのです。そうしたら、お客さまがポツポツ と来始め、2、3年もするとどんどん口コミで増えていきました。

事業を続けるコツは「人」「モノ」「金」にある

ジミー・ウェルズ

事 業を続けるコツは、まず継続するだけの資金を用意することです。3年分は調達する。10社中8社は、3年以内に潰れます。資金が尽きてあきらめる。意志と 金がなくなると会社は潰れるのです。最初は信用されませんが、最低3年間やれば形になります。ビジネスの基本はお金。よくお金は二の次といわれますが、利 益を出して食べていけないと続きません。まずは利益を出すことが大切なのです。 次に、人。自分一人でやれると思うのは間違いです。僕は子どもの頃、体が弱くてよく学校を休んでいました。気も弱い。勉強もそこそこ。違うのは、チャレン ジ精神があったことくらいです。そんな自分でもこれだけのことができたのは、人がいたから。もし自分が経理をやっていたら、会社はとっくに潰れている。 いっしょに創業したパートナーがきっちりカバーしてくれたから、ここまで来れたのです。企業経営は、自分ができないことがあっても、できる人を探せばでき る。1つの力が2つになるのです。ただし、いっしょにやっていくうちにお互い相手の嫌なところも見えてくる。それでうまくいかなくなることが多いのです が、片目をつむることが大切。相手のいいところだけを見るようにするのです。企業のいいところは、人といっしょに事業を行うことができることなのです。
そ して、モノ。マーケティングをきちんと行って情報収集し、これから伸びる事業を探すことです。これから落ち込んでいく事業はダメ。努力しても成果は上がら ないでしょう。私は、いずれ日本人はもっと海外に行くようになる、これから海外旅行の時代が来るということが見えたのでこの事業を始めたのです。

事業を成功させるポイントを8つほどお話します。

1. 夢や目標を持つ
ゴールがなければ人は走れません。当社は3年後から倍々ゲームで成長し、みるみる発展していきました。そこで壁にぶつかったのです。お客さまはどんどん来 るのですが、スタッフはどんどんやる気を失っていく。すると成長が止まり始めます。ただ働いているだけでは続かないんですね。そこで、海外に進出する、株 式上場する、JTBを抜くという目標を掲げたのです。すると、雰囲気が変わりました。「世の中に貢献する」といった、何のためにこの事業をやっているのか という理念をつくることで、わかりやすい会社になると思います。H.I.Sは現在、東証一部に上場し、売上高3300億円で、2006年度には海外旅行の 送客数でJTBを抜きました。

2. 会社を変化させる
今は変化の時代。会社を変化させていかないと、今日勝っていても1年後には負け ることもあります。そうでないと、時代に取り残されるか、マンネリになって仕事が面白くなくなる。どんな小さなことでも構わないので、経営者は去年より何 がよくなっているかを見て、そしてどんないいサービスでももっと良くしていくことに取り組んでいくべきです。

3. バランスを取る
当社は、社員数が800人になった時に組合ができました。全員が見られなくなって いたのです。つらく苦しい思いでした。うまく成長しているのに、なんでぐらつくんだろうと。バランスを崩して、何かがおかしくなっていたんですね。急に成 長して人が増えると、人のケアが甘くなってコンプライアンスもゆるくなる。すると、顧客サービスの質が落ちてしまう。伸ばすには伸ばすが、伸ばし過ぎない ということも大切なことです。いい成長を続けるためには、常にどこに問題があるかを把握し、弱いところを強化することです。

4. 適正な組織づくり
マネジメントのやり方は規模ごとに違います。小さいうちに、営業、総務、管理、 人事などに1人ずつ置いていたら潰れるでしょう。30人くらいまでのうちは、社長ができるだけカバーして利益を出すことに注力する。しかし、100人を超 えたらやり方を変えないとだめです。その時点で総務や人事、営業などきちんと組織化する。1000人を超えたら、事業部制や別会社化などとまた変える。そ して1万人を超えたら、また変える必要があるでしょう。当社はこれからのチャレンジとなりますが。組織を大きくすることは必ずしもいいことではありません が、会社を良くするなら必要なことです。

5. 失意泰然
会社経営は失敗、問題の連続です。問題のない会社、失敗しない人なんていません。それを 一つひとつクリアし、経験値をアップさせていくことで、どんどんいい会社になる。問題にめげていると元気がなくなります。問題は次の発展の糧、と思い、明 るく元気にしていることが大切です。

6. 運を大切に
運がいい時・悪い時は必ずあります。自分の実力を過信して驕りが出ると、運も離れてい く。運のいい人とは、人間性がいい人です。また、運のいい会社と付き合うこと。成長している会社は運がいいと言えるでしょう。運が悪い時は、嵐が去るまで 焦らずに待つ。運がいい時はチャンスだと思って果敢に攻めることです。

7. 戦略・戦術
「オンリーワン」「差別化」といった戦略や、「スピード重視」「他社よりも早い情報収集」といった戦術を考えて実行すること。これを世界一にする、これを地域のために良くする、といったように、小さな会社はあれもこれもやらずリソースは集中させるべきです。

8. マインド
こういう会社にしたい、という思い入れ、気持ちがなければ事業はできません。会社はその形を描けなければつくれません。鮮明に思い描ければ、あとは行動あるのみ。やりたいことを思い描き、原理原則を踏まえて行動すれば、普通の人でもほとんどが成功できると思います。

澤田秀雄氏プロフィール

株式会社エイチ・アイ・エス 取締役会長
高校卒業後、旧西ドイツ マインツ大学留学。その間に、50カ 国以上の国々を旅する。その経験を生かし、帰国後の1980年、エイチ・アイ・エスの前身である「株式会社インターナショナルツアーズ」を設立、代表取締 役社長に就任。1996年ゴールドコーストに「ホテルウォーターマーク」をオープン、また、国内4番目の航空会社「スカイマークエアラインズ株式会社」を 設立。1999年協立証券株式会社(現「エイチ・エス証券」)の株式取得により証券業へ参入、代表取締役に就任。2003年、モンゴルAG銀行会長就任。 2004年6月より株式会社エイチ・アイ・エス取締役会長就任。

前のページに戻る


ビジネスプランコンテスト DREAM GATE GRAND PRIX ファイナル

ゲスト審査員
Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
グローバル カタリスト パートナーズ工学博士
マネージング・プリンシパル 兼 共同創設者 大澤弘治氏
(株)サキコーポレーション 代表取締役社長 秋山咲恵氏
(株)サンブリッジ 代表取締役会長兼 グループCEO アレン マイナー氏
GMOインターネット(株) 代表取締役会長兼社長 熊谷正寿氏
タリーズコーヒージャパン(株) 代表取締役社長兼 チーフバリスタ 松田公太氏
(株)ホリプロ 代表取締役副会長 堀 一貴氏

DREAM GATE GRAND PRIX 2007 全国9エリア代表者決定戦
北海道エリア 東北エリア 関東エリア 中部エリア 近畿エリア 中国エリア 四国エリア 九州エリア 沖縄エリア

メインステージ

オープニングサプライズ Wikipedia創始者/Wikia.Inc. Chair ジミー・ウェールズ氏
「基調講演」志あるところに成功あり~世界標準へのあくなき挑戦~ (株)エイチ・アイ・エス 取締役会長 澤田 秀雄氏
海外起業家講演 百度 Chief Executive Officer Chairman Robin Li氏
「スペシャルステージ」 - 夢持ち続け日々精進 (株)ジャパネットたかた 代表取締役 高田 明氏

カンファレンスステージ

「食品」 - 食品自給率40%!日本の食の未来を守る
オイシックス株式会社 高島宏平氏
株式会社食文化 荻原章史氏
株式会社ひびき 日疋好春氏
株式会社リバネス 丸幸弘氏
コーディネーター:株式会社ユーグレナ 出雲充氏
「ファッション」 - 多様化する未来のファッションを創る  株式会社アパレルウェブ 千金楽健司氏
株式会社カフェグローブ・ドットコム 矢野貴久子氏
Codio Inc. 丁基子氏
株式会社ヘルメット 植松晃士氏
コーディネーター:株式会社ニューゲージ 如月音流氏
「広告」 -次世代広告に見る新しいコミュニケーション方法とは  株式会社RSS広告社 田中弦氏
サーチテリア株式会社 中橋義博氏
株式会社NIKKO 加藤順彦氏
バリューコマース株式会社 ティム・ウィリアムズ氏
コーディネーター:シーネットネットワークスジャパン株式会社 西田隆一氏
「金融」 - 金融大競争時代の金融イノベーションとは  グローバル カタリスト パートナーズ/工学博士 大澤弘治氏
ネットマイル株式会社 水野千秋氏
リスクモンスター株式会社 菅野健一氏
マネックス証券株式会社 松本 大氏
コーディネーター:株式会社フィナンシャル 木村 剛氏
「不動産」 - アントレプレナーが未来都市を創る
株式会社エスグラントコーポレーション 杉本宏之氏
株式会社企画ビルディング 宮本正好氏
株式会社リーテック 平松克敏氏
株式会社パシフィカ・モールズ セス・サルキン氏
コーディネーター:アールプロジェクト株式会社 永井好明氏
「エンターテイメント」 -多様化するエンターテイメントビジネスの可能性
株式会社インディソフトウェア 野津幸治氏
株式会社エンタク 左舘経明氏
株式会社GDH 石川真一郎氏
株式会社トルネード・フィルム 叶井俊太郎氏
コーディネーター:株式会社カフェグルーヴ 浜田寿人氏
「IT」 -業界先駆者が考える、5年後のネットコンテンツの在り方とは
株式会社アイスタイル 吉松徹郎氏
株式会社ドリコム 内藤裕紀氏
株式会社マクロミル 杉本哲哉氏
Melodis Corporation Keyvan Mohajer氏
コーディネーター:株式会社インプレスR&D 井芹昌信氏
「旅行」 - 旅行業界の新しい価値を生み出す
ロケットプレーン・キスラー社 チャールズ・ラワ氏
旅ウェブ株式会社 肥後愛樹氏
株式会社ビィー・フリーソフト 綿引隆一氏
フォートラベル株式会社 津田全泰氏
コーディネーター:株式会社リクルート エイビーロード・リサーチ・センター 稲垣昌宏氏
「教育」 - 起業家が子供を変えて、世界を変える。アントレプレナー流子供教育・労働教育
株式会社キッズシティージャパン 住谷栄之資
デジタルハリウッド株式会社 藤本真佐氏
デジット株式会社 舩川治郎氏
株式会社ネクシィーズ 近藤太香巳氏
コーディネーター:慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー 牧 兼充氏
「環境」 - 環境をビジネスにした新たな価値
株式会社イースクエア ピーターD.ピーダーセン氏
株式会社サティスファクトリーインターナショナル 小松武司氏
株式会社省電舎 中村健治氏
NPO法人北海道グリーンファンド 鈴木享氏
コーディネーター:株式会社リサイクルワン 木南陽介氏
「サービス」 - サービス精神が世界の人々を豊かにする
株式会社バルニバービ 佐藤裕久氏
株式会社Huge 新川義弘氏
株式会社ワンダーテーブル 林祥隆氏
株式会社SEED-TANK 古里太志氏
コーディネーター:株式会社セレブレイン 高城幸司氏
「モバイル」 - 未来のモバイルビジネスによって、人類のコミュニケーション方法を変えていく
KLab株式会社 真田哲弥氏
株式会社ドワンゴ 川上量生氏
株式会社NAVIBLOG マンダリ・カレシー氏
コーディネーター:モバイル・コンテンツ・フォーラム 岸原孝昌氏