無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

「スマビ総研」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)はこちら。

立ち上げから約800名以上の人生を紹介。 あらゆる人生を追体験できる「another life.」

更新日:2016年06月30日

コンセプトは「一日だけ、他の誰かの人生を」。2014年からスタートした、あらゆる人々のライフストーリーを読むことができるインタビューメディア「another life.」には、ほぼ毎日のペースで“誰かの人生”を記した記事の掲載が行われている。取材対象者の年齢層は20代~80代、職業は農家やタクシードライバー、経営者、政治家までと幅広い。 「どんな生き方にも価値があります。読者に伝えたいことは、一人ひとりの人生に優劣はないということです」と、同メディアを運営する株 ...続きを読む

愛媛みかんの生産・加工・販売を一気通貫!農家の価値観を変えていく取り組み

更新日:2016年06月28日

農業人口の高齢化と担い手不足は、我が国が解決しなければならい喫緊の課題の一つである。既存産業としても様々な問題を抱えているが、新規参入するには多額の初期投資がかかり、3K(汚い、キツイ、かっこ悪い)の仕事のイメージが強いため、なかなか農業の新規就業者が増えないのが現状だ。そんなマイナス環境下にある農業にイノベーションを起こすべく、愛媛県の若者が挑戦をスタートさせた。今回は、家族で梶谷農園を経営しTEN株式会社の代表も務める、梶谷高男氏が展開中のオリジナル農業ビジネスを ...続きを読む

不可能を可能にした農業で新たな活路。 寒冷地でも栽培できる「那珂パパイヤ」

更新日:2016年06月28日

東南アジアなど、熱帯の国々で健康野菜として親しまれている「青パパイヤ」。国内では主に沖縄県や鹿児島県で生産されているものの、冬場は気温が下がるため、収穫量が定まらず、市場に出回る量は少ない。 しかし、そのような南国植物を茨城県那珂市で栽培している企業がある。それが株式会社やぎぬま農園だ。代表を務める栁沼正一氏は、ODA(政府開発援助)コンサルタント会社に勤務した後、農業指導や資材販売をしながら、パパイヤの栽培研究を10年間も続けてきた。 「日本でパパイヤを ...続きを読む

わずか9時間で300万円の出資を集めた、 「ローストホース」のスタートダッシュ!

更新日:2016年06月23日

ネット上で事業のアイデアをプレゼンし、賛同者から小口の出資を募るクラウドファンディング。起業時の資金調達手段として注目を集めているのはご存じのとおりだが、近年は飲食業での取り組みも活発になってきている。 東京都港区・広尾駅付近の某所にある「ローストホース」は、クラウドファンディングを活用してユニークなスタートアップを成功させた馬肉専門店だ。出資者をそのままメンバーにする完全会員制を採用しており、店舗の住所も電話番号も非公開。看板も設置していない完全クローズドな営 ...続きを読む

淡路島発「たまねぎキャッチャー」!? 「地方共創」をデジタルとリアルで実現!

更新日:2016年06月21日

たまねぎキャッチャーの紹介PV(youtube)現在、我が国が重要施策として力を入れている「地方創生」。様々な地域でプロジェクトが立ち上がっているようだが、地方自治体単独だったり、デジタル発信だけだったりと、「これぞ!」といった成功事例は少ないのが実情だ。そんななか、ユニークな「地方共創」ビジネスを推進しているのが今回紹介するネイティブ株式会社である。 同社が展開している主な「地方共創」コンテンツは、沖縄の観光振興が目的の「沖縄CLIP」、日本最大のDMOプラッ ...続きを読む

「人のチカラになる、面白いことをしたい」。 ゼロ円起業で始めた「おっさんレンタル」とは?

更新日:2016年06月16日

1時間1000円で“おっさん”を貸し出してくれる「おっさんレンタル」というサービスが人気となっている。利用者の9割が女性で、その年齢層は幅広いが、ボリュームゾーンは30代だという。主な利用用途は人生相談や恋愛相談など。誰にも言えないような悩みに対してズバッと答えてもらいたい、ただひたすら話を聞いてほしいというオーダーが多い。特に金曜日の夜は予約が立て込み、大忙しだそうだ。 現在、同サイトの月間平均PV数は50万PVにも上る。レンタルされるおっさんの入会条件は、3 ...続きを読む

費用を理由に結婚式をあきらめたカップルに、 自己資金5万円で実現する「会費婚」を提供

更新日:2016年06月14日

結婚式のご祝儀を会費制にすることで“明朗会計”にするとともに、会場の予約が入っていない“空き枠”を仕入れることで、相場の半額以下という格安の結婚式「会費婚」サービスを提供している株式会社アールキューブ。 結婚式のご祝儀は、3万円が標準的な相場といわれる。結婚式を挙げるカップルは、この相場に基づいてご祝儀の総額を弾き、総予算を考えることになる。しかし、フタを開けてみるとご祝儀が2万円、1万円という招待客もおり、その場合は不足分を工面しなければならい。一方、招待され ...続きを読む

65歳以上のシニアを助ける部屋探し。入居者も大家も安心できる仕組みとは?

更新日:2016年06月09日

2015年5月、「65歳からのお部屋探し」の窓口としてオープンした「R65不動産」。これまで老人ホームやサコージュなどいわゆる”高齢者専門施設の紹介サイトはあっても、一般の賃貸住宅を65歳以上の高齢者に紹介する部屋探しサイトは存在しなかった。 また、シニアが不動産会社に足を運んでも一般に高齢というだけで賃貸契約を断られるケースが多いのが実情である。その原因は、死亡事故にともなう空室家賃や原状回復等のリスクが高いためだ。日本賃貸住宅管理協会が全国の大家約14万人を ...続きを読む

「左官」の無限の可能性を伝える、「SAKAN LIBRARY」が密かな人気!

更新日:2016年06月07日

近年、DIYを趣味にする人が多くなったこともあり、日本の伝統技術である「左官」が再び注目を集めている。そんな中、2015年8月に、業界でもめずらしい左官のショールーム「SAKAN LIBRARY」をスタートしたのが原田左官工業所だ。 「SAKAN LIBRARY」のコンセプトは“左官の図書館”。左官素材や表現方法のサンプルを常時100種類以上展示。左官関連の書籍や製品カタログも充実している。また、内装の床や壁にも「研ぎ出し」や「洗い出し」、「版築仕上げ」「コンク ...続きを読む

“ゴチメシ”を軸に、有機野菜を核とした地方の新たなコミュニティづくりを志す

更新日:2016年06月02日

北海道帯広市の中心部、アーケード商店街にある飲食店「結(ゆい)」。朝と昼はうどん・そば・ラーメンがメイン、夜は「おまかせ料理」でお酒も楽しめる。 「食材には、できるだけ自分が栽培した採れたての有機野菜を使っています」とオーナーの本間辰郎氏。「結」は隣接する2軒の店舗からなり、一方は厨房とカウンター10席、もう一方は8席の飲食スペースと、自ら育てた有機野菜などの販売コーナーがある。本間氏は、「結」の経営以外にも、周辺住民へのオーガニック家庭菜園づくりの指導なども手 ...続きを読む

10件中 1-10件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.