無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

「スマビ総研」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)はこちら。

成長率毎年20%アップ 1000名超のプロアスリートが在籍。競技と生活の両立への悩み・課題を解決するベンチャー「株式会社keep up」

更新日:2014年12月23日

子供のころにプロのスポーツ選手になることを夢見ていた方も多いだろう。しかし、プロとして生き残れるのはほんの一部。プロアスリートへの道は非常に険しいが、同時にアスリートとして生計を立てていくことは、さらに険しい。 いわゆる花形スポーツである野球やサッカーでも、“年俸何億円”の世界にいくには、雲を掴むようなもの。それ以外の分野では、トップレベルにいる選手でも、練習や試合の傍でアルバイトをこなしている人が少なくないという。 しかしながら、成果はもちろんだが、スポ ...続きを読む

ExciteやLINEなど有名サービスに自動翻訳ソリューションを提供。言語処理をコアに激変するIT業界を生き抜いてきた老舗ITベンチャー「高電社」

更新日:2014年12月18日

高電社という会社をご存じだろうか。1979年に大阪で創業、1981年には日本初の日本語ワープロ「WORD3000」を開発・発売した会社だ。ワープロソフトで有名な「一太郎」が世に出たのは1985年。その前身であるソフト「JS-WORD」が1983年に発表されていることからも、同社は国内パソコンソフトビジネスの先駆者といえる。 社歴35年を誇る高電社は、もはやベンチャーとは言いがたい“老舗”のソフトウェアメーカーだ。しかし、同社はパソコン黎明期からスタートし、パソコ ...続きを読む

10万店の飲食店から申し込みが殺到! 食品・飲料メーカー向けマーケティング支援サービス「飲食店ダイレクト」

更新日:2014年12月16日

日本全国に70万店が営業しているといわれている飲食店。店舗ごとに扱っているメニューは様々だが、それらは基本的に、食品メーカーや飲料メーカーが地道な営業活動で開拓してきたもの。特に酒類・ビールなどは、大手メーカーが自社の銘柄を扱ってもらうため、激しい競争が繰り広げている。 しかし、そうした飲食店向けの営業活動もITやインターネットを活用した、デジタルマーテケィング化されはじめている。 今回紹介するのは、飲食店向けのデジタルマーテケィング分野で急成長しているサ ...続きを読む

1年間で5000人が参加し、1200件のアイデアが集まった。参加者にも収益分配する、ものづくりクラウドソーシングサービス「Wemake(ウィーメイク)」

更新日:2014年12月11日

「3Dプリンター」の普及、「1人家電メーカー」の登場などなど、ものづくり革命は単なるブームを超えて定着しつつある。クリス・アンダーソンの著書『MAKERS』で示された「21世紀の産業革命」「製造業の革命」は、確実に進んでいるようだ。 本日紹介するベンチャーも、ものづくり革命を発展させるための大きな原動力となりそうなサービスを展開している。それは、ものづくりの企画段階からデザイン、開発、生産までを、ユーザーみんなで行ってしまおうという、まったく新しいクラウドソーシ ...続きを読む

コード一行貼るだけで強固なネットセキュリティを実現。エンジニア垂涎のAPIが登場!! 電話認証の簡単導入を実現する「JISSENスマートオース」

更新日:2014年12月09日

大規模な情報漏えいや、有名サービスのアカウント乗っ取りなど、ITセキュリティーにまつわる事故・事件の報道を目にする機会が増えている。読者の中にも、乗っ取り被害に遭った方がいるかもしれない。実は筆者も、ある日突然、アプリが乗っ取られ、慌てた経験がある。 Webサービスやスマホのアプリを利用する際、メールアドレスとパスワードという普通のセキュリティー対策だけでは万全といえなくなってきた。もしも情報漏えいが起き、あなたが認証用に同じメールアドレスとパスワードを使い回し ...続きを読む

ロボット格闘競技大会のシミュレーション部門で2度優勝したエンジニアが起こした、ソフトからハードまでワンストップで「ロボット開発」を提供するベンチャー「株式会社テクノロード」。

更新日:2014年12月04日

つくば科学万博の1985年、アイボ、アシモが登場した1999年から2000年、そして2005年の愛・地球博などのロボットブームに続いて、2014年、4度目ともいえるブームが到来している。きっかけは2013年。東日本大震災を受けて、アメリカの軍事技術の研究・開発を行う、DARPA(国防高等研究局)が主催した「DARPAロボティクスチャレンジ」で優勝した日本のチーム。がれき等の障害物除去などの競技で優劣を競う、災害救助用ロボット競技大会で栄えある1位に輝いたのは、東大発ロ ...続きを読む

ひっ迫する電波帯域の枯渇、電磁障害、セキュリティ問題などを解決する、革新的な無線通信システムが登場「株式会社アウトスタンディングテクノロジー」

更新日:2014年12月02日

我々の生活空間には様々な電波が飛び交っている。例えば、テレビ、ラジオのほか、携帯電話、スマホ。オフィスや自宅で無線LANを使っている方も多いだろう。電磁波は身体に少なからず悪影響を及ぼすという説もある。携帯電話の使用を禁止している病院も多いが、これは電子機器の誤作動を防ぐためで、電波障害、電磁障害と呼ばれている。 また、電波帯域の枯渇問題もある。スマホやタブレットなどのモバイル端末の普及に伴い、利用する電波帯域がひっ迫しており、今後普及するであろうウェアラブル・ ...続きを読む

“通訳案内士”による魅力的なツアーが人気!今、訪日旅行者が注目するサービス「travelience/TripleLights(トラベリエンス/トリプルライツ)」

更新日:2014年11月27日

2013年に観光での訪日外国人が1,000万人を突破した。2020年の東京オリンピックを控え、今後もインバウンド観光業界は大きな活性化が予想されている。だが、観光国としての日本は、世界の中で30〜40位台。フランスやアメリカ、中国などのインバウンド観光先進国に大きく差をつけられている。訪日外国人の国籍では、韓国・中国・台湾といった隣国からの旅行者が圧倒的な割合を占め、欧米圏は少数である。つまり、昨今、行政主導で訪日外国人誘致の環境整備が広く進められているにせよ、如何に ...続きを読む

数億トンの厄介者をビジネスに!クラゲを医療・美容分野で活用するベンチャー「海月研究所」。

更新日:2014年11月25日

2002年以降、毎年のように大発生しては深刻な漁業被害などを引き起こしているエチゼンクラゲ。テレビの報道などでその巨体を見た方も多いだろう。直径2メートル、重さ200キロにもなる厄介者だ。この他にも発電所に押し寄せるミズクラゲや、北海道東北の漁業者を悩ませるキタミズクラゲなど、日本の沿岸にはクラゲが大量に発生している。現在のところクラゲは有効な活用用途もなく、網にかかるとその場で機械を使って破砕・裁断するなどして廃棄処分するしかない。しかも、あまりに大量に網にかかるた ...続きを読む

あの人気アプリは実際に何人使っている?1万以上のアプリの視聴率調査ができるツール「App Ape Analytics(アップ エイプ アナリティクス)」

更新日:2014年11月20日

Webサイトやネットサービスを運営する際に使う解析ツールといえば、無料で使えるGoogleアナリティクスが定番だ。しかし、スマホアプリになると勝手が違う。ダウンロード数以外に、一日でどのくらいのユーザーが使ったかを見るDAU(Daily Active Users)や、月間でどのくらいのユーザーがアクティブだったかを見るMAU(Monthly Active Users)といった指標が重要視される。 今回紹介するのは、パズドラ、キャンディークラッシュ、スマー ...続きを読む

72件中 1-10件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.