無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

農業でスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

愛媛みかんの生産・加工・販売を一気通貫!農家の価値観を変えていく取り組み

更新日:2016年06月28日

20代の若手みかん農家が展開する、愛媛県発のブランドビジネス 展開している事業の内容・特徴 農業人口の高齢化と担い手不足は、我が国が解決しなければならい喫緊の課題の一つである。既存産業としても様々な問題を抱えているが、新規参入するには多額の初期投資がかかり、3K(汚い、キツイ、かっこ悪い)の仕事のイメージが強いため、なかなか農業の新規就業者が増えないのが現状だ。そんなマイナス環境下にある農業にイノベーションを起こすべく、愛媛県の若者が挑戦をスタートさせた。今回は、家族 ...続きを読む

不可能を可能にした農業で新たな活路。 寒冷地でも栽培できる「那珂パパイヤ」

更新日:2016年06月28日

半年で収穫ができる栽培手法を確立。温暖な地域にも劣らない成果を実証 展開している事業の内容・特徴 東南アジアなど、熱帯の国々で健康野菜として親しまれている「青パパイヤ」。国内では主に沖縄県や鹿児島県で生産されているものの、冬場は気温が下がるため、収穫量が定まらず、市場に出回る量は少ない。 しかし、そのような南国植物を茨城県那珂市で栽培している企業がある。それが株式会社やぎぬま農園だ。代表を務める栁沼正一氏は、ODA(政府開発援助)コンサルタント会社に勤務した後、 ...続きを読む

競走馬のセカンドキャリア構築に挑む! 地熱と引退馬を活用した、地域循環型の有機農業「ジオファーム八幡平」

更新日:2015年12月22日

銀座の屋上緑化にも採用された無臭プレミアム馬ふん堆肥。馬由来の資源と岩手山の伏流水と、地熱を活用したクリーン栽培による八幡平マッシュルームは、食通も認める美味さで高級食材として流通。 展開している事業の内容・特徴 エネルギー資源の乏しい日本。東日本大震災以降、自然エネルギーが注目を集めている。地熱発電もそのひとつだが、実は日本は世界第3位の「地熱資源国」といわれているにもかかわらず、開発が遅れている。今回紹介するのは、地熱資源の豊富な岩手県八幡平市で、地熱と馬ふん堆肥 ...続きを読む

200%の成長率で来期年商10億円を狙うアグリベンチャー。“銀座フルーツトマト”を世界のアグリブランドに!

更新日:2014年10月21日

東京・銀座でコメづくりからスタートしたアグリベンチャー。今後はシンガポールやニューヨークなど海外展開で世界的ブランド化を目指す! 展開している事業内容・特徴 先日開催した「TOKYOイノベーションリーダーズサミット」に参加したベンチャー447社の内、商談件数で第1位だったのが銀座農園株式会社だ。 それだけアグリビジネスに興味を持っている大手企業が多いことを証明しているが、同社の人気の秘密はそれだけではない。今回は、世界的ブランドを目指している銀座農園の農業ビ ...続きを読む

フランスで出会った食用ほおずきを日本にも広めたい!元銀行員が夫婦で挑む食用ほおずきの6次産業化

更新日:2014年10月07日

栽培指導から、自社ブランド「ほおずきんちゃん」商品の加工販売まで、食用ほおずきのブランド化にチャレンジする早野商店。 展開している事業内容・特徴 「食用ほおずき」をご存じだろうか? ほおずきと言えば浅草の「ほおずき市」などで売られている観賞用をイメージするが、ヨーロッパを中心にフルーツとして広まっているのが「食用ほおずき」である。今回は食用ほおずきの栽培普及と、加工品製造に取り組んでいる岩手県の早野商店を取材してきた。 食用ほおずきは南米が原産。見た目はオレンジ ...続きを読む

世界でも珍しい「米」由来のエタノールを武器に、米農家復活を目指すベンチャー「ファーメンステーション」。

更新日:2014年06月26日

東北の休耕田を活用し、米から高付加価値エタノール製造に取り組むファーメンステーション。 展開している事業内容・特徴 株式会社ファーメンステーションは2010年から岩手県奥州市にラボを構え、米からエタノールを製造しているベンチャーだ。市内の休耕田だった田んぼに植えた非食用品種米を利用し、栽培は同じく市内の集落営農組合アグリ笹森に委託し、無農薬で栽培したものだ。 同社では年間2~3トンの米を仕入れ、数百リットルのエタノールを製造している。規模としては小さいが、実はこ ...続きを読む

三陸沿岸から世界に発信できるワインをつくる「Three Peaks Winery(スリー・ピークス・ワイナリー)」

更新日:2014年06月03日

三陸沿岸に点在するワイナリーをつないで、国内外から大勢の観光客を呼べる「大船渡」を目指す。 展開している事業内容・特徴 リアス式海岸で知られる東北・三陸沿岸に、ワインづくりに挑戦している若者たちがいる。「Three Peaks Winery(スリー・ピークス・ワイナリー)」は、岩手県大船渡市にあるワイナリー。新たに立ち上げたのは及川武宏氏。35才の青年だ。ふるさとの大船渡から世界に発信できるワインをつくろうと、3.11の大震災後、2013年5月に立ち上げた。 実 ...続きを読む

農業界の救世主!? 若者が殺到する農業専門の求人サイトが登場

更新日:2013年03月21日

農業に関する様々なニーズに対応!農業界の求人サイト 展開している事業内容・特徴 連日、TPP交渉についての報道が続いている。国内の農業分野は、これまで保護や規制が強く、なかなか競争にさらされていなかった。しかし、徐々にではあるが農業を取り巻く環境が変わりつつある。今後も経済全体がグローバル化し、世界規模での競争が進んでいく以上、農業もその激しい競争・変化に対応せねばならないだろう。 今回ご紹介するベンチャーは「第一次産業ネット」。読んで字のごとく、第一次産業=農 ...続きを読む

日本の農業の救世主へ。月3150円~手ぶらで農業ができるサービス「マイファーム」

更新日:2011年11月08日

手ぶらで農業? 新しい農業ビジネスが急成長中! 展開している事業内容・特徴 初心者でも簡単に農業に参加できる体験農園「マイファーム」は、耕作放棄地をリメイクして、指導・管理サービスを付けることで、農業初心者のサラリーマンなどでも手軽に農業ができる、今、大人気のサービスだ。2011年10月末時点で日本全国に68の農園が開設されており、利用者は2000名弱。一人当たりの耕作地は15平米で、ファミリー向けマンション一室程度の面積。これが初期費用1万円、月3150円から借りられる ...続きを読む

9件中 1-9件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.