無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

生産性向上・業務サービスでスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

学研、テルモ、サイバーエージェントなど100社強が導入済み。顔写真で効率的なHR管理を実現した「カオナビ(kaonavi)」

更新日:2015年06月04日

柳橋氏がベンチャービジネスと出合ったのは大学生時代。アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)への新卒入社を考えていた柳橋氏は、OB訪問で大学の先輩である吉松徹郎氏を訪ねた。すると吉松氏は、アンダーセンを辞めて起業するという。彼が創業したアイスタイルは、ご存じのとおり後に上場企業となっている。柳橋氏は、吉松氏に誘われ、創業したばかりのアイスタイルで、3人目のスタッフとしてアルバイトをするように。職種はプログラマーだった。 その後、2000年3月に大学院を修 ...続きを読む

クラウド型予約台帳サービス「ebica(エビカ)予約台帳」で飲食店予約のインフラを目指す!株式会社エビソル

更新日:2015年05月26日

起業前、田中氏は人材サービス大手のインテリジェンスの執行役員を務めていた。インテリジェンス在職中の2000年には、三井物産とのジョイントベンチャーで、アルバイト採用メディアの「OPPO』を立ち上げた実績を持つ。当時、求人情報への問合せは、電話が主流でサイト経由との比率は9対1。しかし、田中氏はこの比率を逆転させた。今から十数年前にネットで集客してリアルのサービスに送客する、O2Oサービスを成功に導いたというわけだ。 2011年、新しいビジネスに挑戦したいと一念発 ...続きを読む

40万人の会員、1万2000店舗以上が利用するお試しサービス「torakore(トラコレ)」、導入実績日本一のスマホCRM「Ziriri(ジリリ)」を展開するベンチャー

更新日:2015年04月21日

株式会社シンクスマイルは、2007年6月に創業したベンチャーだ。2015年4月現在、社員数は78名。取引先は、数万人規模の大企業数十社を含めて6000社以上にのぼる。急成長を続ける同社の主力事業3つを見ていこう。 2008年3月にローンチされた「torakore(トラコレ)」は、飲食店やサロンなどがお得に利用できるサービス。割引クーポンといえばホットペッパー、あるいはグルーポンなどが有名だが、そうした割引サービスとは一線を画している。 torakoreの仕 ...続きを読む

開始半年で数十社が導入。量産品だけで格安IoT(M2M)システムの構築を可能にしたベンチャー「コムツァイト」

更新日:2015年03月31日

IoT、M2Mなどのキーワードを最近よく聞くようになった。IoTはInternet of Things、M2MはMachine to Machineの略語だが、要はパソコン以外のモノ、自動車や家電、センサー類などのマシンを、すべてインターネットでつなげてネットワーク化しようという動きだ。 これが実現すると、例えば社員の入退出管理をリアルタイムで把握できたり、室温・湿度・電気消費量などをリアルタイムで計測して、消し忘れがあれば遠隔操作でオフにするといったことも可能 ...続きを読む

正式リリースから3カ月で先月比売り上げ400%増! “物流のクラウド化”で小規模EC事業者を支援する「オープンロジ」

更新日:2015年03月23日

経済産業省が2014年8月に発表した『電子商取引に関する市場調査』によると、2013年の日本のEC市場(B2C)が、前年比17.4%増の11兆1660億円に拡大している。しかし、全商取引に占めるEC化率は3.67%と、まだまだ成長余地は大きい。 楽天、Yahooショッピングなどの大手はもちろん、無料でECサイトが開設できるBASEやStores.jpなどのベンチャーが成長しているほか、テーマ特化したキュレーション型のECサービスの新規参入も続いており、競争は苛烈 ...続きを読む

全国809自治体の行政情報をDB化。ユニバーサルメニューで行政Webサイトをわかりやすくしたベンチャー「アスコエ」

更新日:2015年02月10日

行政関連のWebサイトが分かりづらいという声が多い。税金のことから、子育て支援や福祉サービス、あるいは災害対策制度など、いざ困った時になかなか欲しい情報や支援策にたどりつけないという経験がある方も多いだろう。 たとえ情報を見つけたとしても内容が具体性に欠ける、あるいは情報そのものがサイト上にない場合もある。このように、いくら良い制度を国や自治体がつくったとしても、市民が「見つけられる・わかる」ようになっていなければ意味がない。そうしたミスマッチを解消しようと活動 ...続きを読む

繁忙期には一か月で20万枚の名刺をスキャン! わかりやすさ、明朗会計、低コストで依頼殺到の新サービス「スキャンマン」

更新日:2015年02月05日

名刺や打合せ資料など、膨大な紙の資料に困っている企業は多いだろう。会社としても資料を保管しておくスペースにも賃料などのコストがかかるので、出来れば削減したい。しかし、ペーパーレス化は盛んに言われてきたものの、いまいち進んでいない印象がある。 そんななか、紙の資料をスキャンして電子化するという単純なサービスながら、急成長しているベンチャーがある。2013年8月に設立されたスキャンマン株式会社だ。スキャンマン社が提供しているサービスは、書類や名刺等のペーパーレス化を ...続きを読む

1年で数十社超の顧客を獲得。コストは1/2~2/3。日本語で開発依頼を行うグローバルソーシングの新モデルで急成長ベンチャー「セカイラボ」

更新日:2015年02月03日

システム開発のコストカットの有力手段として「グローバルソーシング」という手法がある。別のいい方ではオフショア開発ともよばれるが、開発を人員が豊富で人件費の安い海外に委託するというものだ。しかし、グローバルソーシングの拠点自体を開設するコストや、品質やビジネス習慣の違い、言語の違いによるコミュニケーションロスによるトラブルなども多い。 そんなグローバルソーシングの課題を解消したサービスによって急成長しているのが、今回紹介する「セカイラボ」というベンチャーだ。同社の ...続きを読む

リリース1カ月ですでに予約待ち状態。ハイキャリア人材を揃えたオンライン秘書サービス「Caster(キャスター)」

更新日:2015年01月20日

2014年12月9日にリリースされたばかりだが、すでに数十社が契約し、予約待ちとなっている大人気のオンライン秘書サービス「Caster(キャスター)」。サービス内容はシンプルで、月額料金を払うとオンライン上に待機している秘書が、バックオフィス業務全般を手伝ってくれるというもの。 運営元は株式会社Caster。2014年10月1日に設立されたばかりのベンチャーだ。Casterサービスを契約すると、専属の秘書が選ばれ、オンライン上で待機してくれる。仕事を依頼できる時 ...続きを読む

設立1年目で大企業からの発注100件以上!1200名超の専門家が参加するモノづくりクラウド「Linkers(リンカーズ)」

更新日:2015年01月15日

昨年末に上場したクラウドワークスや業界最大手のランサーズなど、クラウドソーシングは、いまやIT業界の成長分野の1つだ。今回は、モノづくりに特化したクラウドソーシングで急成長中の「Linkers(リンカーズ)」をご紹介したい。 運営元はDistty(ディスティ)株式会社。2012年4月に設立されたベンチャーだ。 2014年1月から本格稼働したLinkersの仕組みは、全国に1200名以上いるコーディネーター(中小企業や研究機関をネットワーク化)と呼ばれる技術 ...続きを読む

1 / 3123
22件中 1-10件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.