無料相談・面談。起業支援のエキスパート、経営革新のスペシャリストが多数在籍。

facebook ドリームゲート・ファンページ
ホーム

リサイクルでスマートなビジネスを実現しているベンチャーの事例

スマビ総研~ビジネスのパラダイムシフトを追いかけるニュースサイト

9年で売上9倍!古着買取り・販売のネットサービス草創期より事業を展開し、確固たる事業ノウハウを築き上げた「株式会社ライトプレイスファクトリー」

更新日:2016年07月14日

消費の低迷が続く一方で、リユース市場は活況だ。2015年のリユース市場規模は約1.2兆円(自動車、バイク含まず)。品目別市場規模では、ブランド品、衣料・アクセサリー、パソコンが上位を占める(環境省「リユースの市場動向調査の実施方針(案)」より)。その中でも成長株として期待されているのが古着市場であり、アパレル市場が低迷する一方で、ここ5年間でその規模は2倍に拡大。現在では、年間約7.1億着発生する不要衣料のうち、約24.7%がリユースショップに流通しているという。 ...続きを読む

ベビー用品からスペースまで幅広くレンタルサービスを展開。循環型社会の実現を本気で目指すベンチャー、株式会社ココロイロ&株式会社エイチ

更新日:2016年02月25日

近年、シェアリング・エコノミーへの注目は高まる一方だ。この分野に、大手企業からスタートアップ・ベンチャー企業まで様々なプレイヤーが新規参入し始めている。同分野の市場規模は2014年時点で232億円、2018年までに462億円に拡大するという試算もある。 出展:矢野経済研究所 シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査結果 2015 より: https://www.yano.co.jp/press/press.php/001433 今回紹介するベンチャ ...続きを読む

東京で“大油田”を見つけたベンチャー。年間2万トンの廃棄タイルカーペットを再生「リファインバース」

更新日:2015年12月15日

近年、高度成長期に建てられたオフィスビルの老朽化、耐震基準への対応、高層化による収益向上などの理由に、渋谷ヒカリエ、虎ノ門ヒルズ、新丸ビル、あべのハルカスなど、巨大オフィスビルを中心とした再開発が頻繁に行われている。まちが美しく、便利になるその一方で、大量に発生する建築廃材の処理が問題となっている。 今回紹介するベンチャーは、オフィスの床に敷かれたタイルカーペットの再資源化に成功したリファインバース株式会社。 同社が再資源化の事業化に成功する前までは、技術 ...続きを読む

3件中 1-3件目

「~スマビ総研~smart business labo」とは、ビジネスのパラダイムシフトを捉え、独自のアイデアや工夫で既存市場を切り開いている起業家・ビジネスをスマートビジネス(スマビ)として取材・解説するニュースサイトです。
取材候補先も募集中です。取材先の推薦(自薦可)につきましては、こちらをご覧ください。




(c) DREAMGATE PROJECT. ALL RIGHTS RESERVED.