起業・経営FAQ:試用期間中の解雇について

経営FAQ

課題・悩み

試用期間中の社員の勤務態度が悪く、解雇を言い渡しました。
ところが本人はやめる意思はない、 今後も出社し続けると言っており、困っています。 どうすればよいでしょうか?

回答

 

労働基準法に労働者保護の観点から解雇の濫用を防ぐための条文があります。 実際に裁判で争うケースも少なくありません。
法律で試用期間となるのは14日間です。つまり、3ヶ月と定めていても一般の正社員と同じように取り扱われると言うことです。
また、解雇のためには、就業規則や雇用契約書などに何をすると解雇になるのか?といったことを明記しておく必要があります。つまり事前に教えておかなければならないのです。
そして、いきなり解雇するのではなく、それまでにも注意をしているかと言うことも大切です。前述したように、裁判や労働基準監督署へ労働者が駆け込んだ場合に具体的で合理性のある理由が必要になる為、解雇の前に準備をしたほうが良かったかもしれません。しかし、既に解雇を言い渡してしまっているため、裁判や監督署に駆け込まれてしまった場合のために用意をしたほうが良いと考えます。
社員の方によく説明をされることをお勧めいたします。