起業・経営FAQ:名目上だけ知人の設立する株式会社の役員になった場合のデメリット

経営FAQ

課題・悩み

この度、知人が株式会社を設立するので、役員に名前を入れさせて欲しいと頼まれました。役員に名前を載せた場合どんな責任が発生するでしょうか? また役員の情報は第三者の人が調べることはできますか?
私はその会社の役員であることを他の人に知られたくありません。

回答

 

名義上の取締役であっても、 経営上の注意監督義務を負うことになります。たとえ、ほとんどノータッチであったとしても、 その会社にもしものことがあった場合には、 監督義務を怠っているということで、取引先等から損害賠償請求を起こされることもあり得ます。

また、役員となった場合、第三者に知られる可能性は十分にあります。 例えば、法人の登記簿謄本を第三者が申請し、取得した場合、 役員名は代表者か否かににかかわらず、登記簿謄本に載ってきます。 登記簿謄本は第三者であったとしても取得することができます。 したがって、その会社の役員であることを隠すことは難しいと言えます。

したがって、十分考えてから、お返事されることをお勧めします。