起業・経営FAQ:エステサロンでの集客として、小冊子を使った手法についてアドバイスが欲しい。

経営FAQ

課題・悩み

ワンルームマンションで整体とフェイシャルエステを行うサロンを開店する準備していますが、集客方法について悩んでいます。
まずオファー広告を出し、無料小冊子の請求を待ちます。無料小冊誌からホームページに誘導するよう仕掛けます。ホームページではお試し価格で予約することができ、予約をいただけなかったお客様にも、時機を見てDM送付をしようと考えています。また、情報誌を毎月発行し送付することも検討しています。
以上が私の集客計画ですが、この手法はもう古くなりつつあるのでしょうか? また、このような小さなお店でも有効な方法でしょうか?また、他に集客について何か注意する点がありましたら教えてください?

回答

 

ご相談の集客方法は業種によっては効果が上げられない場合があるでしょう。また、業種の他、地域も関係してきます。
しかし計画を練り上げ、完成度の高い広告であれば、成約は上がり、顧客との信頼構築にも効果を発揮しています。 これはもちろん、小さなお店でも有効な手段です。むしろ小さなお店の方が、社長のキャラクターによる部分が非常に大きくなります。
注意点としては、何でもかんでも小冊子という固定的な考え方をしないことです。 また、お客さんの視点を無視した小冊子を作ってしまうということもよくある間違いです。 自宅で出来るエステ、整体ストレッチなどのガイドブックは集客にも使えると思いますが、ホームページに掲載するレポートでも良いでしょう。お客さんから見て魅力的な内容かどうかはよく考慮してください。
また、お考えのプランはステップがやや長すぎます。 整体であれば、即お試しでも良いでしょう。 大切なのは低価格で認知を広めた後の戦略です。 お客さんは、今すぐどうにかしてほしいという人が多いと思います。 その時に重要なのは、あなたのお店が入りやすいか?ということです。 整体などは、一度入ってしまうと普通のショップと違って逃げられませんから、お客様は用心するものです。できるだけ情報を開示して安心感を与えるお店づくりの工夫をしましょう。