起業・経営FAQ:良いキャッチコピーはどのようにすればできますか?

経営FAQ

課題・悩み

洋菓子店を運営しています。
お店のチラシをつくる場合、キャッチコピーを効果的に表すにはどうしたらよいでしょうか?
コピーの内容は「クリスマスケーキ予約受付中」です。
よいキャッチコピーの表現の方法とはどのようなものか、お教えいただけましたら助かります。

回答

結論からいいますと、お客様はクリスマスケーキが欲しいのではなく、クリスマスケーキを購入して家族との団欒の時間、恋人との甘い時間、クリスマス気分・・などをお客様は味わいたいのです。 それを最高味わえるのがこのお店のクリスマスケーキ!だと思っていただければ、予約が増えるチラシになると思います。

■ケーキのネーミング
⇒ 単純な「クリスマスケーキ予約」よりは、「○○なクリスマスケーキ予約」にする。
たとえば、
・家族客を狙うなら 「お子様に人気の ふわふわスポンジのクリスマスケーキ」
・恋人なら 「2人の仲をもっと熱くする甘いイチゴ増量 情熱の赤いクリスマスケーキ」
など、クリスマスケーキが置かれる楽しい状況を演出してみてください。
そこに、「カロリー控えめ」「甘さ控えめ」「○○増量」など追加訴求も加えると良いと思います。
さらに、「期限を区切って、チョコチップなどのトッピング無料」などで、早く予約すれば得だ!を加えてみてください。
キャッチコピーのポイントは、モノや機能の訴求ではなく、
「誰に」「自分の商品・サービスで」「望む結果になってほしい」を謳うことです。
ですので、一番最初に誰(お客さま)を明確にすることが重要です。
あなたが欲しいのはコレではありませんか?を訴求してみてください。

ちなみに、キャッチコピーのテクニックをいくつか挙げておきます。
・地域名を商品につける
・○○専用で絞り込む
・国産を訴求
・スピード対応を訴求
・限定訴求
・駄洒落からネーミング
・クリスマスだけは営業時間を延長
・地域密着をアピールするなら、お客様の声
などです。

「お客様が喜んでくれる」視点でキャッチコピー(チラシ)を考えてみてください。