大きくする 標準 小さくする

この記事の執筆者

竹内 敬人氏

サイトM&Aはビジネスにおいての武器の売買です。
つまり、御社(読者)の成長スピードに直接的に響く手法がサイト売買、サイトM&Aです。

記事一覧

市場で売れるサイトの「3つのポイント」

1:サイト売買市場の現在とこれから サイト売買市場はまだ始まったばかりで、一日で言えば、まだ薄...

アフィリエイトサイト買収特有の問題点に気をつけろ

なぜサイトを買収しようと思ったのですか? 自社で媒体を持ってみたいと思っていました。自社でゼロ...

Yahoo!カテゴリサイトの売買

サイトM&Aを知ったきっかけ  最初は数あるweb売買のサイトを見たことがきっかけで知り...

サイトM&Aでネット業界に新規参入

サイトを買収する前 マネーエージェントを立ち上げる前は、ネット業界とはまったく関係のない仕事を...

数千円が数千万円に。SEO対策でサイトM&Aを成功

すべて個人でサイトの構築から運営をされたということですが、その時のお話を具体的に聞かせて下さい...

サイト売買、サイトM&Aとは

小さなサイト運営からの誕生 そもそも、弊社、株式会社バトラァーズが今から二年前、2005年に「...

サイトを買うメリット

「時間を買う」サイト買収 しかし、一から事業を立ち上げるなかで、サイト売買という概念が広まりつ...

サイトを売るメリット

まとまったキャッシュが入るサイト売買? 現在、個人ブログから、中小零細企業が運営しているサイト、...

サイトM&Aの当事者になる

サイトM&Aのマーケット規模 とはいっても、やはり数億円の売買代金が主流のなか、もう少...

こんなサイトが高く売れる

サイトの適正価格 しかし、サイトの適正価格を決める「査定公式」のようなものは今のところはなく、...

竹内敬人からのご挨拶

2005年、サイト売買、サイトM&Aという言葉は存在しませんでした。
 
  また、M&A、事業譲渡、事業買収、バイアウト、など・・・・会社の売買や切り売りに 関しての言葉もそれほど広まっておらず、これからと言う時代でした。しかし、流れが速い現代、その波は、起業、中小零細企業にまでおよび、その規模を通り超えて、個人にまで及んでいます。つまり、大きな上場企業でなくても、M&Aという事に関しては当事者の時代が到来したのです。その最小単位がWebサイトの売買WebサイトのM&Aであります。
 
  私自身、起業して、事業を売却し、普通に生活していたら手に出来ない売却益を得た事があります。そのサイトや事業を買う、売る、という選択肢や価値観を持っている経営者はこれからの流れが速い時代の経営者にとって必要不可欠な知識と常識だと思います。
 
  その最小単位のM&A、それがサイト売買なので、これからビジネス界で成長、活躍したい方々には必見の項目だと思います。サイトM&Aはビジネスにおいての武器の売買です。つまり、御社(読者)の成長スピードに直接的に響く手法がサイト売買、サイトM&Aです。
 
 
 
  最短、最速で、成長したい方は是非ご覧ください。

経歴

竹内 敬人 Takahito Takeuchi

1973年東京生まれ。 大学3年のときに大学を中退し起業。
29歳で現在の株式会社バトラァーズを設立。当時の事業及び運営サイトを事業売却。
サイトに特化したM&Aの会社があったらよいとの自身の体験から、2005年「サイトM&A」を開始。
現在はサイトM&Aのパイオニアとして出版、雑誌の連載、各種メディアへの露出など、サイトM&Aマーケット拡大に努めている。



関連リンク

株式会社バトラァーズ
http://www.butlers.jp/


SiteM&A
http://www.sitema.jp/

 

 
bnr_top_kaiin.png