XMLサイトマップについて

Webサイト構築のFAQ

Q.XMLサイトマップについて

サイト構築後まずやるべきことのひとつとして、サイトマップを登録したほうがよいとWebマーケターをやっている友人から言われました。
実際のところ、どこに何をどうしたらよいのか、詳細がよく分かりません。
アドバイスをいただけましたら幸甚です。
 

A.回答

サイトマップというと、大手サイトにあるサイト内のコンテンツをナビゲーションするためのページを思い浮かべますが、その友人がおっしゃっているサイトマップとは、XMLサイトマップのことでしょう。
XMLサイトマップとは、サイト内の各ページの詳細データ(最終アップロード日、更新頻度、ページの優先順位など)や、サイトのURL一覧がリストされているXML言語のファイルのことで、GoogleのウェブマスターツールやYahoo!検索サイトエクスプローラーというWeb管理ツールに登録すると、GoogleとYahoo!の検索ロボットによって違いはありますが、検索エンジンがサイトを巡回して(クローリングと言います)登録する(インデックスと言います)時間が短縮され、その結果早く検索結果のページに表示されるようになります。
また、サイトのページが検索エンジンに登録されないことを防ぐというメリットもあります。
それ以外にも、Googleのウェブマスターツールでは検索キーワード毎にサイトのどのページが何位で検索結果に表示されているという情報や、サイトを巡回した日時、サイト内のリンク切れなどの情報等を提供してくれます。
Yahoo!検索サイトエクスプローラーは、検索エンジンが最後に巡回した日やサイトへリンクしているページ(被リンク)の情報等を提供してくれます。
XMLサイトマップの作成ツールを無料で提供しているサイトもありますので、まずはそちらでXMLサイトマップを作成し、サーバのrootディレクトリにそのファイルを置きます。
(上記以外の方法もありますが、詳細は各Web管理ツールにてご確認ください)
そしてGoogleのウェブマスターツールやYahoo!検索サイトエクスプローラーに登録してください。
回答は以上になります。
また、他にご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談ください。