大きくする 標準 小さくする
政府系金融機関」について専門家に質問してみたい方。ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。

ものづくりベンチャーの可能性

戸塚敏夫 氏

このナビでは現場への取材からものづくりの魅力と他の業種でも応用可能なテクニックなどを紹介したいと思います。このコーナーを通じ、起業家のみなさんにものづくりのスピリットから発展可能なビジネスの可能性を少しでも、感じていただければ幸いです。

記事一覧

Vol.8 直行率を高めるには現状分析から

生産現場には独特の専門用語があります。 直行率の改善手法はほかの業種にも応用可能で結果につなが...

Vol.7 米国で主流なDIY気象観測マーケットとは?

ウエザー・アンダーグランド社(Weather Underground) とアンビエント・ウエザー社...

Vol.6 米国トレードショーで見たものづくりの真髄

前回に引き続き異業種のトレードショーからのレポートです。いろいろな製品に関心を示すことが新規ビ...

Vol.5 異業種のトレードショーから学ぶビジネスの可能性

サンフランシスコへの出張の機会がありましたので、今回は異業種のトレードショーからのレポートです。 ...

Vol.4 岡山のものづくりベンチャーに学ぶ発想の原点。

今回は、岡山の青電舎にみる、ものづくりの基本であるコラボレーションの成功事例を取り上げてみました。 ...

03-01.jpg

Vol.3 思考停止は禁物。進化+深化で新たなビジネスチャンスをつかめ

日々の生活の中で、アナログ、デジタルを意識してモノやサービスを見る習慣をつける。たったこれだけ...

02-01.jpg

Vol.2 台湾の秋葉原。台北で学んだモノ作りの発想

前回ではものづくりのQCDやアプリケーションについて説明しました。今回と次回は先日一年ぶりに訪...

Vol.1 ものづくりの基本をビジネスに生かそう!

ビジネスの成功例をひも解きますと、そこには必ず“チャンス”や“タイミング”にまつわるエピソード...

 
bnr_top_kaiin.png

戸塚 敏夫からのご挨拶

ドリームゲートアドバイザーの戸塚と申します。かれこれ30年近く電気や電子の分野のものづくりの現場で仕事をしてきました。私は日頃から、ものづくりビジネスには他の業種でも通じるチャンスの生かし方やテクニックがあると考えています。
例えば信号で立ち止まった時、ふと不便に感じた時、こうしたらいいのにと思った時、アイデアが浮かぶことがあります。 みなさんもきっと何度となく経験されたことでしょう。 こうした日々のアイデアへのブラシュアップはものづくりでは欠くことのできない製品実現のためのプロセスです。
これからしばらくの間、電気・電子部門のナビゲーターとして私が実際に接した数々の製品やアイデア、そしてチャンスを具体化した人々とその起業にまつわるエピソードを紹介しつつ、ものづくりの魅力と他の業種でも応用可能なテクニックを紹介したいと思います。 このコーナーを通じ少しでも、ものづくりのスピリットを感じていただければ幸いです。

 

経歴

戸塚 敏夫 Toshio Totsuka

ドリームゲートアドバイザー3期生

横浜市生まれ。

神奈川大学経済学部経済学科卒、同大学院経済学研究科、博士課程前期終了。

流通業コンサルティング会社(日本リテーリングセンター、通信機器専門商社でのセールス・エンジニアを経て1980年渡米。

1984年より米国法人のVice President として経営に参加。

1994年 ~ 1997年 米国企業、日系企業向けコンサルティングを展開。

1997 年11月 帰国 新潟市に転入。

1997年12月より電子部品(水晶振動子)メーカーにて海外輸出部門を立ち上げ、海外営業、製品企画、品質技術を担当する。

2005年10月 東京都に転入。

2005年11月より東京都内の通信機メーカーにて無線関連商品の製品企画、市場開発を担当し現在に至る。

週末,休日は企業戦略アドバイザーならびに技術翻訳、執筆活動を精力的にこなす。 

ASQ(米国品質学会)、IEEE(国際電気電子学会)所属。

米国海洋大気局(NOAA) 気象衛星からの画像受信、アマチュア無線を趣味とする。