Q 補助金FAQ:起業時に利用可能な補助金について教えてください

年内に雑貨屋さんを立ち上げる予定です。既にお店の出店場所等が決まっており、日本政策金融公庫からの融資を検討しておりますが、先日知人から「助成金・補助金をもらっておくといいよ」とアドバイスを受けました。 起業時に利用可能な助成金・補助金について教えて下さい。

A回答

起業時に利用可能な補助金としては創業補助金が有名ですね。

一般的な補助金と異なりスタッフへの人件費や広告宣伝費など使い勝手がいいのが特徴です。

他にはスタッフを雇う時には高年齢者や障害者等の就職困難者をハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、賃金相当額の一部が助成される特定求職者雇用開発助成金などもあります。

全体としては起業家が対象になる補助金等は少ないので注意を配っておくことが大切です。 雇用に対する助成金は社労士さん等に聞くと分かりますが、経済産業系の補助金は中小企業庁のHPで定期的に確認することや補助金のコンサルタントに相談することをお勧めします。

また、自治体独自の助成金・補助金もありますので開業予定の市町村等のHPでの確認も忘れないようにしてください。

■担当者:多和田 博(ドリームゲートアドバイザー)

tawada

株式会社エコス 代表取締役/愛知付加価値創造有限責任事業組合 代表/
補助金申請支援コンサルタント

金属製の止金に代わり、天然繊維で段ボールケースの「のり代」を縫合する 「エコ・ステッチャー」を世界で初めて開発、販売をしている株式会社エコ スの代表取締役。その開発の過程で様々な公的支援を受ける為に、自ら申請 書を数々書き上げ、多くの実績(採択)を受けた。現在ではエコ・ステッチャーの普及に注力している。

取材・講演・仕事依頼はこちら