一時的に借りたお金を資本金として会社を設立しても良いですか?

会社設立、許認可FAQ

Q.一時的に借りたお金を資本金として会社を設立しても良いですか?

自己資金は100万円ですが、知人から一時的に200万円借りて書類上資本金を300万円として、会社を設立したいと考えています。
資本金が多い方が借入の際にも有利だと聞いたからです。問題あるでしょうか?

 

A.回答

知人から一時的に200万円借りて、資本金としておきながら、そのお金を会社に入れないのは、「見せ金」といって、違法行為です。

帳簿上、資本金300万円と本当の資本100万円との差、200万円は会社から
役員への貸付金として処理しますので、役員自身がいきなり、会社から200万円の負債を背負ってスタートなります。

「見せ金」の実態は帳簿を見れば、すぐ分かりますので、借入に有利どころか、違法行為をおこなっている会社には融資は行われないでしょう。

また、許認可や助成金の申請等を行いたいような場合でも、「見せ金」状態では承認されないことが予想されます。


このように「見せ金」は、「百害あって一利なし」ですので、避けるべきです。

資本金は、将来増資することもできますので、 自己資金100万円で会社を設立して、堅実にスタートすることをお薦めします。