大きくする 標準 小さくする

この記事の執筆者

浜田 寿人氏

次世代を担うコンテンツビジネス界のカリスマが、
エンターテインメントビジネスのトレンドをお届けします。

記事一覧

25-01.jpg

Vol.25 素晴らしきエンターテインメントの世界に乾杯

再びカンヌへ  一年間続いたこの連載だが、いよいよ今回で最終回となる。前回、最後は情熱で終わるん...

Vol.24 キューバと葉巻

この連載も今回を含め、残すところあと2回となった。最後の2回は、情熱の話で終わりたいと思う。 キ...

Vol.23 GPS×Google Earthで新展開の可能性

何かと話題のGoogle Earth。世界中のさまざまな場所が見られるというだけではなく・・・。 ...

Vol.22 米国で大ヒットのSecond Life。果たして日本では・・・?

建物が建ち、モノが売られ、お金が流通しているSecond Life。米国で大ヒットした裏に迫りつ...

Vol.21 「価値ある浪費」をプロデュース。男らしさを追求するウェブメディア

ヒトそれぞれ価値を感じ、お金を使う場面は異なるだろう。ここで「価値ある浪費」について考えてみよう。 ...

Vol.20 ネットワーク化でさらに拡がるコンテンツビジネス

前回に引き続き、携帯業界のお話。ほんの数例だが、身近な端末選び&キャリアー選びをご紹介しよう。 ...

Vol.19 ケータイ電話に求める機能は?

皆さんがケータイ電話に求める機能は何でしょうか。電話ができる、お財布代わりになる、音楽が聴ける...

Vol.18 物欲を刺激するWindows Vistaの登場

メディア市場の新しいトレンドWindows Vista。コンテンツビジネスに関わるのであれば、こ...

Vol.17 ユーザーとの密接コミュニケーションは距離に反比例する!?

メディア作りには、コミュニケショーンの距離を考えることが大切。ユーザーとの距離をどれくらいのも...

Vol.16 WiiかPS3か。大混戦のゲーム機市場を勝ち残るのは?

任天堂 Wiiか、SONY PS3か。大混戦のゲーム機市場を勝ち残るのはどこでしょうか?任天堂Wi...

浜田 寿人からのご挨拶

幼い頃、マレーシアに滞在していたころの話です。経済学者であった私の父は、ブラウン管を観ながらこう私に伝えました。

「ウォーター、ってサリバン先生に言うんだよ」

そのとき写りの悪いテレビで流れていた白黒の映画が、私をエンターテインメントの世界に誘った瞬間でした。それ以来、サプライズとセンセーションを自身のライフスタイルにも求めてきました。そして何気ない想いがいつの日か、仕事に変わってエンターテインメントビジネスに関わる日々を送っています。

ヘレンが水を理解したのと同じように、このファーストナビでのコラム担当にあたり、私自身もコンテンツ・ビジネスについてもう一度、自分なりに勉強できるように考えていきたいと思います。

決して難しいロジックではなく、パッションがこの世界を支えるものと信じています。多くの方々と、このコンテンツを通してエンターテインメントに昇華できたらと思っています。

 

経歴

浜田 寿人  Hisato Hamada

株式会社カフェグルーヴ 代表取締役
株式会社モノポール・パートナーズ 取締役 コンテンツ投資ファンドマネージャー
株式会社トルネード・フィルム 取締役 海外買付担当

1977年6月生まれ。29歳。アメリカ留学中にホームページは面倒くさいなと考えて、メールマガジンと出会い、cinemacafe.netを立ち上げる。クリントン政権のアファーマティブアクション政策に嫌気がさした関係で、帰国。ソニー株式会社、何故かいきなり本社勤務にて直轄部隊に配属。いきなりハリウッドに飛ばされる。映画の都と東京を往復しながら、ハリウッドのビジネスモデル開発という甘くセレブな時間を過ごさせていただいた後、生き急ぎ系独立的退社。

齢22歳にて現・株式会社カフェグルーヴを創業。そういえば、ブレアウィッチのHPがアメリカでウケたなと、公式映画ホームページサービスを日本で最初にスタートさせる。その後、身近な女性たちが高い靴ばっかり買っているという事実に目を向け、富裕層向けの女性メディア展開を考える。女性向けライフスタイルメディア「ヴェリタ」の立ち上げを経験した後、仕事で楽園に行きたい!という邪な考えのもと、ゴルフダイジェストオンラインを口説き、リゾートゴルフをテーマにしたラグジュアリーサイト「楽園ゴルフ」を立ち上げるなど、基本的にメディア開発・買収を趣味とする。密かに3年以内に20媒体をネットで立ち上げる予定。

NYの映画祭はど派手だということで日本に誘致したり、海外映画マーケットでは、日本人バイヤーが食指を動かさない作品のみを戦略的に交渉したり。初買い付け作品が岩波ホールにて公開という偉業(?)も。中華料理と韓国料理が好きでいつも本場で喰いたいという理由から、アジアマーケットをゴマ油の油煙越しに睨んだコンテンツファンドを展開。

 どうせなら東京のど真ん中に自社ビルを、との発想で表参道に自社ビルを用地開発・建築プロデュース。同ビルに会員制ダイニング「COPONNORP」をプロデュースする。ちなみに同店には1870年のラフィット・ロートシルトがセラーに眠っており、ルイ・ヴィトンのセレクトショップCELUXとコラボしてコンラッド・リーチの絵を世に披露する。

 

関連リンク

株式会社カフェグルーヴ 
http://www.cafegroove.com/
株式会社トルネード・フィルム
http://www.tornadofilm.jp/
「cinemacafe.net」
http://www.cinemacafe.net/
「verita」
http://www.veritacafe.com/
「楽園ゴルフ」
http://www.rakuengolf.jp/
「COPONNORP」
http://www.coponnorp.com/

 
bnr_top_kaiin.png