確認申請時には代理人に任せてしまってもよいでしょうか。(エンジェル税制手続き一般)

エンジェル税制での注意事項

Q.確認申請時には代理人に任せてしまってもよいでしょうか。(エンジェル税制手続き一般)

確認申請時には代理人に任せてしまってもよいでしょうか。
 

A.回答

そもそも会社の代表者本人が申請するのが原則です。しかし、実際問題として書類の作成にあたって専門家の力を借りた方がスムーズに進むことが多いようです。
場合によっては郵送による申請も可能ですが、事業内容の詳細などについての質問の対応、経営者の本人確認の面からも、可能であれば代表取締役本人が申請するのが望ましいようです(必須ではありませんし、代理人も同席可能です)。
少なくとも、代表取締役が会社の事を聞かれて答えられないような場合はアウトですので、人任せにせずきちんと準備を進めましょう。