Vol.2 オタクの挑戦。心と身体を癒すメイド整体とは

秋葉原で起業~趣都アキバ式ビジネス~
  どんな事業においても「ニーズ」は大切。ニーズとは必要性であり、そのサービスの存在力に一番影響を与えるファクターです。多くのメイド系ビジネスが存在 する秋葉原で人類初となる「メイド整体」サービスに挑戦している有限会社時計塔「癒あmaiden」代表取締役 佐橋邦彦氏にお話を聞いてきました。

 

メイド整体「癒あmaidin」とは?

 メイドさんが首・肩・腰・足を揉みほぐす整体サロン・ボディーケアサロンで、2005年12月に開業し、ベッド数5台、リフレ台2台と現在店舗を 拡大中。来店者数は増加しており、平日10名前後、休日は20 ~ 30名前後、平均的に30分 ~ 60分のコースが多く、客単価3000円 ~ 6000円、既に3500名以上の方が来店している。

来場者にはリピーターも多く、仕事で疲れている人は、週1回ペースで来ている程の繁盛ぶりです。


なぜそんなに繁盛するのか?その秘訣は代表取締役佐橋邦彦氏の経験による

 佐橋氏は37歳になる今年まで、起業と失敗を繰り返し、自分の強みを生かすこのビジネスに辿り着いている。彼の起業精神は松本零ニのアニメにもセ リフとして登場する「鶏口となるも、牛後となるなかれ:鶏口牛後」で、その意味は 「小さい集団であってもその中で長となる方が、大きな集団の中で尻に付き従う者となるよりもよい」というのもので、起業を決意しています。


オタクとして挫折、そして聖地へ

 佐橋氏は、大手住宅メーカーに就職し営業部に配属となるが、販売成績は伸びず、周りからは営業成績がいい人間は善、できないやつは悪というように 扱われていた。営業成績がいい人間は月の前半に営業し、後半は宅建の勉強をしているような人が多く、ただゴルフ・麻雀・パチンコ・タバコなどの話などで盛 り上がる要領のいい人間が許せなかった。佐橋氏はアニメの話しかできず、営業成績も伸びず、転職を考えた際、自分の得意な話ができる秋葉原に行こうと考え る。


自己体験からニーズを発見

 秋葉原の大手コミック同人誌の販売店に就職、通信販売、広告宣伝の業務につく。しかし、まだ創業5年目の会社であった為、大手企業から転職した佐 橋氏は、経理以外の業務全般を兼務でこなす事となる。非常に激務の毎日だったが、学生時代にディズニーランドでアルバイトしていた経験を生かし、アルバイ トのモチベーション管理がうまくいき、個ではなく組織が仕組みとして動くようになり、手の空いた佐橋氏は部下の肩を揉んで回っていた。

店にはパソコンやゲームなどのモニター普及率が高い人が来店した。そこで佐橋氏は秋葉原で働く人は非常に肩がこっている事に気づく。これをビジネスチャンスと考えた佐橋氏は会社を退社し、整体の学校へ行き、自ら整体師の資格の取得に挑戦する。


ラジオから飛び込んできたニュース!!

 卒業後、整体師としてアルバイトをはじめるなかで、秋葉原の友人と男性用玩具メーカーを設立したが、思うように業績が伸びなかった。失敗して苦しんでいる時、「秋葉原でメイドリフレ オープン」のニュースを聞き、今までの自分の経験の集大成「メイド整体」を思いつく!


ビジネスコンテストに応募

 資金がなかった佐橋氏は、当時のライブドアファイナンスのビジネスコンテストに「メイド整体」でエントリーし、見事出資を得る事ができた。

自分の得意なビジネスで起業することに成功したのです。


取材を終えて

 佐橋氏はオタクとしての挫折を経験し、自分の得意とするモノで勝負した人物であると感じました。佐橋氏が、もし最初に就職した先が住宅メーカーで なく、秋葉原で自分の知識のある好きな分野であれば、成績抜群の営業マンだったかもしれない。好きな事とは起業においても最大の武器になる。それを具現化 できる包容力のある街が、秋葉原なのではないでしょうか。



【取材先データ】

会社名:有限会社時計塔 癒あmaiden
人類史上初!? 秋葉原のメイド整体サロン『ユアメイデン』
http://www.yourmaiden.com/
住所:東京都千代田区外神田3-7-14 中部ビル201・203
電話&FAX:03-3252-2351
営業時間 午前11時~午後9時まで(ラストオーダー午後8時)
担当:代表取締役 佐橋邦彦