基調講演:株式会社ユーグレナ 代表取締役社長 出雲 充氏
「ミドリムシ」が地球を救う! ~「ユーグレナ」のとてつもない挑戦~

「絶対に不可能」といわれた藻の一種・ミドリムシの屋外大量培養に世界で初めて成功した株式会社ユーグレナ。昨年、東証マザーズに上場して話題となった。現在も同社は、ミドリムシを原料とした食材の開発、バイオジェット燃料の開発に取り組むなど、壮大かつユニークな挑戦を続けている。ちなみに出雲社長、ドリームゲートの創業メンバーとして活動していた時代もある。当日の基調講演では、なぜミドリムシで起業したのか、失敗したこと、失敗を乗り越えるために行ったことなど、成長までの道のりについてお話しいただいた。

ミドリムシと出会ったきっかけ

みなさんこんにちは、株式会社ユーグレナ代表取締役の出雲充です。私は、幼少期から東京の多摩ニュータウンで過ごし、父はサラリーマンと専業主婦の母、弟が一人いる、ある意味典型的な日本の中流家庭で育ちました。そんな私が今の起業家人生につながるきっかけとなる経験をしたのは、大学1年の夏休みのこと。2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が創設した、グラミン銀行のインターンに参加するため、バングラディシュを訪れたのです。この時が、私にとって初の海外渡航でした。

バングラディッシュは、アジアの最貧国といわれていて、飢えて困っている人たちが多いのだろうと思っていました。だから、みんなに食べてもらおうと、バランス栄養食を買えるだけ買って、鞄につめて持っていったのです。ところが、現地で活動を始め、貧困層が多く住む町、小学校などを訪問するのですが、どこであっても必ずカレーが出てくる。しかも、だいたい二種類のカレーが出るブッフェスタイル。バングラディシュ人たちも、カレーを1日3食しっかり摂っています。炭水化物でカロリー摂取量は十分のようですが、肉、牛乳、卵、チーズ、また、野菜やフルーツはほとんど出ません。特に、動物性たんぱく質がまったく足りていなかった……。ちなみに、必要な栄養素を摂取できていない人々も飢餓と定義されています。

そう、バングラディシュの人たちは、ハラペコではないけれど、その多くが栄養失調なのです。彼らが喜んでくれる栄養満点の食べ物を提供したい――。私が起業を志すことになった原点です。日本に戻り、すぐに栄養に関する勉強を開始しました。「地球上の飢餓を根絶するための何かを見つけたい。何かないだろうか?」と。いろいろ調べていくなかで、あることに気づきました。動物が持つ栄養素と、植物が持つ栄養素はまったく異なる。つまり、ニンジンのビタミンAは魚からは摂れないし、魚のたんぱく質はニンジンでは摂れない。そこで、植物性の栄養素と動物性の栄養素が一緒に摂れる食べ物がないかと探してみたのですが、なかなか見つからない……。

しかし、後に一緒に会社を立ち上げることになる後輩の鈴木が、「ミドリムシは植物のように光合成するし、動物のように動きます。出雲さんの探しているものはこれかもしれません」。そんなことを教えてくれたのです。その話を聞いた時、まさに電流が走ったような衝撃を受けました。「これぞ、天啓!」と。それが大学3年生の時でした。以来ずっと、私の人生はミドリムシ一色です(笑)。

一筋縄ではいかない、ミドリムシの培養

ミドリムシの研究を続けるなか、ユーグレナ(ミドリムシの学名)研究会の会長を務めていた大阪府立大学の中野長久先生と出会いました。ミドリムシの培養に成功すれば、世界中の栄養失調をなくせることは1980年にわかっていたそうです。ただし、無菌室で少量の培養はできたとしても、屋外で大量の培養にはまだ誰も成功していません。それはなぜか? ミドリムシは栄養満点の生き物ですから、増やしている途中にバクテリアやプランクトンが食べてしまう……。「悪いことは言わない。ミドリムシはやめておいたほうがいい」と中野先生。あきらめきれない私は、「何十年かけても必ず成功させます」。中野先生は私の決意を聞いて、「うまくいく保証はできないが、全面的に協力しよう。頑張りなさい」と励ましてくれました。

起業するためにはいろいろな知識、社会勉強が必要だと考え、大学卒業後は都市銀行に就職しました。銀行を選んだのは、社会のお金の流れが学べると考えたからです。また、ミドリムシの培養できる手がかりが当時はまったく見えなかったので、やむを得ずという側面もありました……。入行後は、銀行の就業時間が終わると、大学でミドリムシの培養実験を続けている鈴木の自宅に直行し、打ち合わせをして、そのまま泊まって銀行に出勤する日々が続きます。もちろん、就業時間外、休日などを利用して、日本全国のミドリムシ研究者の方々にお話を聞きにいく活動も続けていました。ただ、「銀行員の傍らミドリムシを……」、そうお伝えすると、先生方は本気と見てくれない。確かに、片手間でミドリムシをなんて、失礼な話ですよね。

そこで、1年間勤務した銀行を退行し、退路を断ってミドリムシ一本でやると決め、株式会社ユーグレナを設立したのが、2005年8月のこと。すると、研究者の先生方の意識が明らかに変わってきて、本気で私たちの研究に協力してくれるようになったのです。そこからは早かった。忘れもしないその年の12月16日、東京にいた私に、石垣島の培養実験プールに張り付いていた鈴木から電話がありました。「ミドリムシが収穫できました! これでミドリムシの屋外大量培養が可能になります!」と。この電話がどれほどうれしかったか、言葉では説明のしようがありません(笑)。

培養成功後、苦難続きの3年間

世界で初めて、ミドリムシの屋外大量培養に成功したわけですから、注文が殺到すると思っていました。しかし、それがまったく……。営業をかけても、「ミドリムシ? あのアオムシやイモムシの仲間ですか?」「君は素晴らしい商品と言うが、だったらなぜ誰も使っていないんだ?」など、断られるばかり。ミドリムシは、藻類、いわゆる海草の親戚であって、モンシロチョウの幼虫ではありません。そして、世界で初めて培養に成功したので、買い手はまだ存在しないのです。本当に、起業後の3年間は閑古鳥状態でした。研究も開発も販売も、すべて自前主義で、とこだわっていましたが、名もないベンチャーには難易度が高かったんですね。

そこで、鈴木ともう一人の創業メンバーの福本と相談し、自前主義を捨てることを決めました。それからミドリムシビジネスを応援してくれるパートナー企業を探し歩き、ようやく2008年5月に、伊藤忠商事さんが「一緒にミドリムシを売りましょう」と。ここからですね、ミドリムシが徐々に世に広まっていったのは。また、日立製作所さんやJX日鉱日石エネルギーさん、清水建設さんも協力してくれるようになりました。そうやって、パートナーとの共生の道を選んだことで、事業がスピーディーに動き始めたのです。業種によるとは思いますが、スタートアップのベンチャーは、すべてを自分たちで抱え込まないやり方を考えておいたほうがいいと思います。

世界を救う、ミドリムシの可能性

今、私たちの事業は大きく分けて2つ。1つめの事業が、ミドリムシのサプリメントや食品の開発です。1日1g、約10億匹のミドリムシを摂取することで、一人でも多くの方々に健康になっていただきたい。ちなみにミドリムシ1gには、「車エビ約50g分の亜鉛」「ほうれん草約50g分の鉄」「きんかん約50g分のビタミンANA」「豚レバー約50g分のビタミンB1」が含まれています。世界中の栄養失調の人々に、上記のようなたくさんの食物を届けるのは難しいですが、ミドリムシのサプリ5粒なら簡単に届けることができる。私がバングラディシュで感じた、世界から栄養失調をなくしたいという思いが込められた事業です。

2つ目は、ミドリムシから抽出できる油分を使った、航空機向けのバイオジェット燃料の開発。現在、多くの分野でエネルギーとして消費されている原油は、燃焼の際だけではなく、掘っている段階からすでに膨大なCO2を発生させています。地球温暖化がCO2などの温室効果ガスだけによって引き起こされているわけではないですが、当社は原油に依存しない社会を実現するため、ミドリムシを使ったバイオジェット燃料に特化した開発を行っています。

特化した理由は、ジェット燃料のニーズが100年先まで見込めるからです。あと20~30年で、ガソリンで動く車やバスは、電気や燃料電池へと代替していくでしょう。しかし、ジェット機だけは絶対に燃料電池になることはない。なぜなら、燃料電池だけで飛行機を飛ばそうと思ったら、客席すべてを燃料電池のスペースにしないといけないし、電気はモーターを回すことで動力を得るため、飛行速度の遅いプロペラ機の時代に戻ってしまうのです。

2018年度までに、ミドリムシを使ったバイオ燃料によってジェット機を飛ばせるようにすることが目標です。こちらはJX日鉱日石エネルギーさんと日立製作所さんに協力いただき、計画を進めています。実現した際、羽田空港を発って富士山が見える頃、機長からのアナウンスが始まります。「ANA564便は、ミドリムシのバイオジェット燃料を使用し、みなさまを石垣島にお届けいたします。また、後ほど、機内係員がミドリムシ入りの“ちんすこう”をお配りいたしますので、どうぞお召し上がりください」。この計画を必ず本気で実現させます。合言葉は、「実験を、事件に!」。ぜひ、ご期待ください。

起業を目指す方々へのメッセージ

まずお伝えしたいのは、世の中に「くだらないものなんてない」ということです。社会人になってからこれまで、心からそう考え、行動してきたように思います。私は、銀行に入行してすぐ、毎日ATM(現金自動支払機)に現金を詰め込む業務を与えられました。1日3回、金庫から合計1億円ほどのお札や小銭を運ぶ仕事は、ある意味単調ですが、想像以上の重労働です。ただ、私は、「銀行員になってまで、こんな“くだらない”仕事をするのか」とは絶対に思いませんでした。

銀行がある町にはいろいろな商店や家があり、ある1日はヒット商品の発売日だったり、様々な記念日だったりもします。そこからユーザーの現金引き出し動向を自分なりに予想し、考えながら、詰め込む現金の量を勘案して作業していくと、だんだんヨミが当たるようになった。そうすると、1日3回の作業が2回に減り、ほかの仕事ができる余裕が生まれます。そのうち、先輩たちが私の仕事ぶりを評価してくれ、「この仕事は出雲に任せよう」となる。目の前にある仕事を“くだらない”と思わず、どうすれば面白くなるかを考えてやったおかげで、チャンスが回ってきたということです。くだらない会社、くだらない仕事、くだらない生物――この世にそんなものは何一つないのです。

起業に関していえば、私は3人で始めるのがよいと思います。ユーグレナのスタートも私と、鈴木、福本の3人でした。3年間の売れない時期を乗り越えられたのも、3人だったからこそ。2人だと、きっとお互いが責め合って、どこかで空中分解していたでしょう。3人だと、2人がケンカしていても、1人が客観的な意見をくれるので、冷静な判断ができるようになります。また、ベンチャーにとって人材の次に大切な資源は時間です。3人だと多数決でスピーディーな結論が出せますからね(笑)。

苦労したあの3年間は、鈴木と福本の給料が15万円、私が10万円。今でもよく続けられたものだと思っています。2人は本当に大切な同志です。私は3カ月に一度、社員全員の集合写真を撮るようにしています。それをいつも鞄の中に入れて持ち歩いていますが、一種のお守りのようなものですね。そして昨年(2012年)の12月20日、おかげさまでユーグレナは東証マザーズに上場することができました。

上場すると東証のセレモニーに招かれます。普通は、役員数人で出席して鐘を鳴らし、記念写真を撮るそうです。でも、私は社員全員で記念写真を撮りたいと考え、「38人で伺いたい」と伝えました。すると、担当の方が「えっ、38人も役員がいるということは、数千人規模の会社なのですか?」と驚かれまして。「いえいえ、会社の仲間全員で38人です」と言うと、今度は「え、全員でそれだけですか? よく上場できましたね」と(笑)。今、上場時に撮った仲間全員の記念写真が、私の一番お気に入りの一枚です。

私たちは、ミドリムシで世界を救いたい。もちろん、本気で、です。世界人口70億人のうち、約10億人が栄養失調で苦しんでいます。今の企業規模でも、1億人にならばミドリムシを届けることができるでしょう。しかし、10億人全員となると、400~500人の仲間が必要です。私たちの活動とミッションに興味がある方は、ぜひご連絡ください。ミドリムシを武器として、地球に役立つ仕事をご一緒しましょう。本日はご静聴、ありがとうございました。

株式会社ユーグレナ 代表取締役 出雲 充氏

東京大学在学中に米国スタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」の日本代表を務め、3年進学時に農学部に転部。2002年、東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。退職後、米バブソン大学「プライス・バブソンプログラム」修了、経済産業省・米商務省「平沼エヴァンズイニシアティブ訪米ミッション」委員を務め、2005年8月に東大発のバイオベンチャー・株式会社ユーグレナを創業し、代表取締役に就任。同年12月に微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の世界でも初となる食用屋外大量培養に成功。 2010年は内閣の知的財産戦略本部「知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会」委員も務めた。2012年12月に東証マザーズ上場。http://www.euglena.jp/

起業・独立・会社経営を成功に導くための情報をいち早くゲットしよう。

起業体感フェスタの次回開催は未定ですが、こうしたイベント情報は、ドリームゲートが毎週配信しているメールマガジンでお知らせしています。イベント情報の他にも多くの起業関連ニュースを掲載しています。登録は無料です!

まだ会員登録(無料)されていない方はコチラから

◆ドリームゲート会員の特典

特典1…メールマガジンで起業、独立、最新のベンチャー情報をゲット
特典2…フェスタでも大好評。起業・会社経営の専門家に無料で相談可能
特典3…次回フェスタを待てない方には専門家主催のセミナーがオススメ

ブース予約はこれこれこのように行ってください。

【基調講演】10:30~11:20

「ミドリムシ」が地球を救う!
~「ユーグレナ」のとてつもない挑戦~~

「絶対に不可能」とまで言われたミドリムシの大量培養に世界で初めて成功した株式会社ユーグレナ。
現在は大手航空会社、石油会社、プラント会社と共にミドリムシを原料としたジェット燃料の開発に取り組むなど、ユーグレナの挑戦はまだまだ続く。
今回はなぜミドリムシで起業したのか、今日に至るまでに失敗したこと、失敗を乗り越えるために行ったことなど、成長までの道のりについてお話しいただきます。

株式会社ユーグレナ 代表取締役 出雲 充氏

東京大学在学中に米国スタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」の日本代表を務め、3年進学時に農学部に転部。2002年東京大学農学部農業構造経営学専修過程卒業後、東京三菱銀行に入行。退職後、米バブソン大学「プライス・バブソンプログラム」修了、経済産業省・米商務省「平沼エヴァンズイニシアティブ訪米ミッション」委員を務め、2005年8月に東大発のバイオベンチャー株式会社ユーグレナを創業し代表取締役に就任。同年12月に微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の世界でも初となる食用屋外大量培養に成功。 2010年は内閣の知的財産戦略本部「知的財産による競争力強化・国際標準化専門調査会」委員も務めた。2012年12月に東証マザーズ上場。 http://www.euglena.jp/

【パネルディスカッション】13:00~13:50

DREAM GATE利用の成功者対談 「経験者が語る!起業時にやっていいこと、わるいこと」

どんな起業家でも、成功の陰では何倍も失敗しているもの。
今回はDREAM GATE卒業生で、飲食業、IT業界で活躍する2名の起業家を招き、起業時にやっていいこと、わるいことを本音で語っていただきます。

パネリストVIVO PRODUCTION TOKYO株式会社 代表取締役 鈴木 健太郎氏

悪立地の狭小店舗でありながら、地元にあわせたスタイルで幅広い客層を掴む「vivo daily stand」を都内で7店舗展開中。 「vivo daily stand」は、地域コミュニティとしての海外のバルの在り方に感銘した鈴木氏が、日本の生活の一部としてのバルを全国に根付かせることを目標に2007年に開店。地元密着型デイリーワイン業態として、高く評価されています。http://www.vivo.bz/


パネリストアライブ株式会社 代表取締役 三輪 尚士氏

21歳の時に軍資金7万円で個人事業主としてデザイン業で起業し、初年度で2人で4000万円を売上達成。1000万円に増資し「アライブ株式会社」に組織変更。着実に成長し、現在では名古屋、東京、ベトナムにオフィスを持ち、20名以上の社員が在籍。取締役は「バカでも年収1000万円」の著者、伊藤喜之。http://alive-web.co.jp


コーディネーター株式会社プロジェクトニッポン 代表取締役 松谷 卓也

1967年兵庫県出身。立命館大学卒業後、リクルートに入社。03年12月経済産業省から起業家輩出支援事業「ドリームゲートプロジェクト」を受託、事業責任者として立ち上げを担当する。04年、リクルート社退社、株式会社プロジェクトニッポン設立、代表取締役就任。

経済産業省後援 起業"支援者"コンテスト
「スタートアップ・アドバイザー・アワード」

全国各地より、起業支援活動に率先して取り組み、顕著な功績のある専門家の中から、優秀な起業支援者(スタート・アップ・アドバイザー)を選定し表彰するコンテスト「スタートアップ・アドバイザー・アワード」。
15:00~16:30の時間で、セミナースペースにて本コンテストの最終選考会ならびに授賞式を開催致します。
書類選考を通過した優秀な起業支援者7名による起業支援実績のプレゼンテーション。成功した起業支援者はどのような支援を行い、起業家のビジネスを成長させたのか?ぜひ、ご自身の目でご確認ください。

●時間:15:00~16:30
●選考会スケジュール
 15:00~15:05 開会の挨拶
 15:05~15:10 審査委員ご紹介
 15:10~16:13 ファイナリスト プレゼンテーション&質疑応答(7名)
 16:13~16:17 審査結果集計
 16:17~16:25 結果発表・授賞式
 16:25~16:30 大会総括
●表彰内容 :ファイナリストの中で特に優秀な3名に対し以下の賞を表彰いたします
・最優秀スタートアップ・アドバイザー(1名)
・準グランプリ(1名)
・審査委員特別賞(1名)
●審査委員
・各務 茂夫 氏(東京大学 教授 経営学博士 産学連携本部 イノベーション推進部長)
・小出 宗昭 氏(富士市産業支援センターf-Biz センター長)
・市川 隆治(一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター 理事長)
・松谷 卓也(ドリームゲートプロジェクト 株式会社プロジェクトニッポン 代表取締役)

会場内レイアウト図

レイアウト図表示

PAGE TOP