事業税



法人事業税とは、会社が事業活動をする上で道路や公共施設使用など、様々な公共サービスを受けるものと前提して課税される税金である。法人県民税申告書と合わせて作成される、都道府県に対する地方税の一つだ。
都道府県に納められる法人県民税の均等割額は所得に関係なく課税され、法人県民税の法人税割額は法人税に税率が乗じられる。この法人事業税は法人の所得に税率が乗じられる税金で、税法上は支払時に損金扱いされる。所得に乗じて計算されるので、所得がなければ原則として発生しない。

通常の事業税に新たに地方法人特別税や資本金1億円超の事業所に課される外形標準課税が新設されている。外形標準課税は付加価値割、資本割、所得割に分けて課税され、地方法人特別税は法人事業税の所得割額に税率を乗じて課税される。

地方法人特別税が導入されるにあたって、法人事業税の税率は引き下げられた。低率になった事業税と新設の特別税との合計額は、以前の法人事業税の額と変わらないとされている。地方に納付される特別税だが、都道府県から国に払い込みされる国税である。
一旦国に払い込まれた特別税は、国が都道府県に地方法人特別譲与税として再配分する。地方法人特別税は損金扱いできるので、支払う側である会社としての認識は従来通りでなんら弊害はないだろう。

また資本金1億円超の事業所に課される外形標準課税は、事業所の規模を考慮して、納税力や公平性といった観点から税負担が求められる。この税金は安定した行政サービスの為にも、地域経済活性化などの推進に役立てられるのだ。つまり大規模企業は、税負担によって地方地域への充実したサポートを担っているというわけである。



法人にかかる税金一覧、仕組み」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。





契約書が無料で作れる~SmaBI[スマビ]

ビジネス上で必要な契約書が質問に答えるだけで自動作成。保存や印刷、Word形式でダウンロードして再加工も可能。

さらに契約締結で不安なときは弁護士に添削依頼もできます。
添削サービスのご利用にはプレミアム会員へのご登録と、別途、添削料金が必要となります。

会社設立からオンライン上の経営顧問まで~スマート経営をサポートするポータルサイト SmaBI(スマビ)」は、
ドリームゲート事務局である株式会社プロジェクトニッポンがKDDI株式会社と協働で運営する、
スマートな経営を目指す経営者にお勧めの新しいサービスです。



起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

あなたの会社には「事業継続計画」がありますか

企業が存続するためには、従業員とその家族の生命・健康を守った上で、事業を継続して顧客の信用を守り、売り上げを維持する必要があります。事業と売り上げが確保できれば、従業員の雇用も守ることができます。同時に地域経済の活力を守ることにもつながります。BCP策定の目的は、緊急事態発生時においても事業を継続できるように準備しておくことで、顧客からの信用・従業員の雇用・地域経済の活力の3つを守ろうとするものです。

...続きを読む

未経験のビジネスでの起業を考えているあなたへ。

投資家や金融機関が会社を信用するひとつの見方は「あなたの経歴との整合性」。「私だからできる」と言えれば最高。言えないときはチームの組成を考えましょう。そして「私たちだからできる」と言う。でもチームを作るときは慎重に。 いいチームができたとき、対外的な信用は変わってきます。そしてなにより、自分の支えになりビジネスの成長が加速する可能性が高まります。「あせらず地道にアンテナを張って」いきましょう。

...続きを読む

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

40才 男性 (2014-07-25)

ご回答ありがとうございます。 経理・税務上は問題ないとのことで、しばらくは個人口座に紐づいたIDを利用しようと思います。 お忙しいところ、ありがとうございました。

回答した専門家:
伊勢田 英之

36才 男性 (2014-07-06)

親切かつわかりやすい回答有難うございます。 また何かありましたら宜しくお願いします。

回答した専門家:
西山 のりこ

43才 男性 (2014-06-30)

お忙しい中早速のご返信ありがとうございます。その節は色々とアドバイスを頂きましてありがとうございました。毎回とても参考になります。出資契約で限定する形もあるのですね。含もう少し勉強してすすめていきたいと思います。ありがとうございました。また何かご相談の機会がございましたらその際は宜しくお願いいたします。

回答した専門家:
高橋 聡