法人税



企業の税金と聞いて、「法人税」を一番最初に思い浮かべる方は多いのではないだろうか。

法人税とは、会社決算で算出された税引前当期純利益の金額に税務調整をすることで所得金額を出し、企業の種類や規模に応じた一定税率を乗じて算出された国庫に納められる税金である。税務上の費用(損金)と収益(益金)の概念が会計と違ってくるため、提出する確定申告書の別表と呼ばれるもので税務調整をして税務上の利益(課税所得)を計算する。ただ、企業会計原則を前提とした会計とそこまで大きくかけ離れるものではない。

しかし出資者などへ提示する決算書の利益や費用の計上のされ方とは、少し乖離したものが税務にはある。例えば会計上複数の処理方法が認められていたとしても、公平の観点などから事前の届出が必要とされたり、そもそも損金に計上できないものなどがある。あくまで税務上の適正な課税所得を計算するために、損金・益金の加減算をしていくのだ。
また、税務には政策目的から特別な控除が準備されており、上手に要件を満たすことで様々な恩典を受けることが可能だ。毎年変化する税法を注視し、企業が得をするよう申告を行っていくことが大切となる。

法人税は、国内に本店や事務所を設置している内国法人と、内国法人以外の法人(外国法人)に納税義務がある。法人の所在地を管轄する税務署へ、各事業年度の所得(課税所得)に税率を乗じた税金が納付されることになる。
しかし一言に「法人」といっても、いくつかの種類があるのはご存じだろう。株式会社などを普通法人、日本道路公団や地方公共団体などを公共法人、学校法人や宗教法人を公益法人等、農協や漁業組合などを共同組合という具合に区分されているのだ。

会社が定めた会計期間を「事業年度」と呼ぶが、税務上は1年以内と定められている。そのため通常は年1回にしていることが多い。前年の税額が一定額以上であれば期首から8ヶ月後までに前年の税額の半分の額を予定納付することが求められる。もし期の前半の利益があまり出ていない場合、あえて中間決済を行い、いったん少額の法人税の納付をしておき、本決算で1事業年度分の税金の残額を納付することもできる。

会社が定めた1事業年度の決算日に決算書を作成することができるが、それに基づいた申告・納付は、一般的に2ヵ月後を期限としている。ただし会計監査人の監査を要して株主総会を2ヵ月以内に行えない場合や、災害などの理由を述べて認められた場合、さらには株主総会の招集が決算日から3ヶ月以内と定款に書いてある場合には、事前に届出を行い、申告期限を延長させることも可能である。
また実際に法人の確定申告書提出には、申告書だけでなく貸借対照表や損益計算書、株主資本等変動計算書、勘定科目内訳書、概況届出書などの添付も必要だ。

法人税には、意外と知られていない得に繋がる知識が多い。例えば法人の規模などによって受けられる控除がある他、9年間分の繰越欠損金を利益の出た年度の損金にすることができる。さらには中小企業の特例で今年赤字で出た損失分を欠損金として繰越さずに、前年黒字で納付した税金を繰戻還付することができるなどといった具合だ。少しずつ、こうした情報も取り入れていきたいものである。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



法人にかかる税金一覧、仕組み」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

リピート率は85%。人気アレルギー対策ショップ成功の秘訣(中編)

前回に引き続き、アレルギー、アトピー、健康対策ショップの『もぐもぐ共和国( http://www.mogumogu.jp/ )』で起業した、有限会社アレルギーヘルスケア代表取締役の岡田由佳さんを紹介する。

...続きを読む

市場で売れるサイトの「3つのポイント」

"最後に今後、こんなサイトが売れる、というトレンドを書いて終わりにしたいと思います。 (1)ニッチなワードで検索結果不動の1位のサイト (2)そのサイトへのアクセスユーザーの属性が絞られている(ターゲットが決まっている) (3)売上、利益、PVは無くとも、企業がバックリンク目的の衛星サイトとして、ある情報に特化したサイトを複数まとめてある (例えば美容室、女性、美に関する情報サイト、ブログなど一括20サイト売却など) 以上のようなサイトです。"

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。