印紙税



印紙税は、もともとオランダが戦費調達をするため17世紀に発明された税の徴収法である。その広めやすさから短期間で世界の戦争に役立てられた税金で、日本では明治初期に導入された。「収入印紙」という言葉は聞いたことのある人も多いと思うが、これは印紙税法で定めた一定の文書に貼付する切手のようなものである。契約書など様々な書類そのものに担税力(税金を納める力)があるとされ、課税対象としている。

公共料金などをコンビニで支払う際、収入印紙がレシートに貼付され、店の印が押されたという経験はないだろうか。これは全てのレシートや領収書に貼付されるのではなく、領収した金額によって貼付の要否や印紙の金額が違ってくるのだ。

印紙の貼付義務がある文書を、課税文書という。課税文書には種類があり、第1号文書から第20号文書までと豊富で、印紙税額の範囲も文書によって様々だ。契約や売買金額に比べると印紙税額は少額に設定されており、きちんと貼付したい。また貼付していないことが税務調査で発見されると、支払う金額が3倍になるなど過怠税が発生するので注意したい。

課税文書は、大まかに2つに分けられる。一つは営業による代金の受取書で、もう一つは売買の契約書だ。また非課税文書以外の文書は、課税文書と規定されている。
契約文章に課税されるので、借入金の借用証書を交わさない課税はない。また文書を紙媒体で扱わず、メールで交わすと印紙が要らない場合もある。その他にも文書の書き方を工夫するという方法もあるが、安易に判断するのは危険だろう。後で問題を引き起こさないためにも、作成した契約書の文言が課税文書に当るかどうか、管轄の税務署や専門家に尋ねると安全である。

契約書の収入印紙にも、消印は必要だ。請求額に応じた料金を受領したら領収書を発行するが、これに収入印紙(額による)と消印をする。また領収金額が消費税込みであるのが一般的だが、その下に但し書として消費税額を書き込むことは節税対策の一つと言える。なぜなら、税抜受領金額で印紙の額を判断できるからだ。
企業として取引を行う中で、業種等によっては印紙を頻繁に使用することもあるだろう。契約書は経営層だけでなく社員が扱うケースもあるため、知識の周知が必要といえる。

その他、この分野に強い専門家を見る



その他の税金」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

リピート率は85%。人気アレルギー対策ショップ成功の秘訣(後編)

前々回、前回に引き続き、アレルギー、アトピー、健康対策ショップの『もぐもぐ共和国( http://www.mogumogu.jp/ )』で起業した、有限会社アレルギーヘルスケア代表取締役の岡田由佳さんを訪問。その様子をレポートします。 岡田さんは、家庭で眠っている、知識を持つ母親に活躍の場を提供するべく、次の挑戦として、資格取得者の育成派遣事業を計画しているという。「正しいアレルギーの知識を広めたい」岡田さんが、起業時に抱いた思いはさらに深く、大きくなっている。

...続きを読む

明日から取り組めるスタッフ教育の実践術

スタッフの教育は基本だが、そのなかでもまずはここから。店長一人で店舗の切り盛りをするのであればいいですが、実際は、複数のスタッフと一緒に販売するということになると思います。そうなった瞬間に、これだけは絶対に叩き込まなければならない教育があります。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。