現金を多く残す方法



手元に豊富な現預金を持ち合わせていると、安心である。次月以降に引き落とされる経費や支払手形の不渡りといった心配度も低く余裕ができるし、運転資金の調達にも苦労しないだろう。
中には従業員のボーナス支給や税金の支払いのために、銀行に借入をするといった会社も少なくない。この資金繰りを毎月上手に行うためにも、現金を出来るだけ多く残したいと思う経営者は多いだろう。

手元に残る現金がどのように生まれ、使われ、また残るのか。この一連の流れを把握することが重要であり、明日の利益へと繋がる。
現金を手元に残すためには、まず商品やサービスの「利益率」を上げることが方法として挙げられるだろう。いくら多くのラインナップを揃えても、利益率が低ければ現金は残らない。顧客目線で「必要」「売れる」ものを考える工夫だ。ただし単純に単価を上げたのでは、費用対効果を見て「売れない」商品になってしまう場合もある。コストを抑え、顧客から見て適正(売れる)価格で提供することと、きちんと顧客に商品やサービスの価値を伝える努力が利益アップに重要なのだ。

また当然のことながら、無駄な支出を控えることも重要である。
例えば海外視察や競合他社製品の購入、研究などに関わるような経費は将来への投資でもあるので、必要なものとして削減はしたくない。しかし社用携帯電話が私用でも利用されていたり、あるいは時間潰しに入ったカフェの飲食代が青天井で経費として挙げられていたり。こうした事態は、野放しにはしておけない。あくまで経費とは、次の利益に繋がるものでなければならないのだ。

経費の一つ一つに注視し、どの経費がどれだけ売上に貢献しているか、どの経費に無駄が生じているかを考えるべきだろう。こうした現状把握のためにも、会計業務を怠ることはできない。早期に現状を知り、健全かどうかの判断や次月経営目標の達成・予算管理などへ目を向けたいものである。それが結果として、節税対策にも結び付く。最終利益を押し下げる性質を持つ税金は、低めに抑えるに越したことはないのだ。

出ていく現金を抑え、入ってくる現金を増やすことを考えれば、自然と現金は残っていく。素直に考えれば売上を現金回収とし、仕入先への買掛金は先延ばしするといった直接的な方法もある。つまり「出を後にして、入りを早くする」のだ。
取引の都合上どうしても売掛金が発生するのであれば、取引条件を交渉して、できるだけ早期に回収するようにする。商品やサービスの魅力をきちんと伝えることによって、先払いで「前受金」としてお金をもらうことも可能だ。買掛金や未払金についてもきちんと交渉して可能な限り支払を伸ばして行くことも重要だ。細かい経費の支払いについても、従業員にクレジットカードを使って立て替えてもらうことも可能だ。細かいことかも知れないが、こうした積み重ねで会社の現金が増えていくのだ。そして、そのお金を使って、より顧客のために高い価値を提供してほしい。

その他、この分野に強い専門家を見る



会計のポイント」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

死角を追求し、シェア8割を持つ企業の販売戦略

凸面鏡製造の「コミー」という企業をご存じでしょうか?国内シェアの8割を持つ優良企業なんです。そのマーケティング戦略は秀逸で、「半年間、無料で設置しますよ!」と小売店に持ちかけては、「売る」前から上手に自社のマーケティングに巻き込んでしまいます。技術力があっても販売戦略に失敗するメーカーが多い中、同社の姿勢や販売戦略には、大いに学ぶべき点がありそうです。「うちは死角をなくす会社です」と言った瞬間から、競合がいなくなってしまうわけです。

...続きを読む

[不安]が起業実現のカギ

新しいことにチャレンジするとき、[不安]は必ず発生する。その時、「不安を恐れず挑戦あるのみ」と考える必要はない。むしろ、「不安を正面から受け止めよ!その不安にこそ、次の行動のヒントが隠されている」と考えるべきなのだ。必要なのは、気合や根性ではない。[不安のマネジメント]なのである。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。