株主比率



「会社は誰のものでしょうか?」よく問われる問題だ。

社長のもの? 従業員のもの? それとも株主のもの? はたまた社会のもの?

  この問題に明確な正解はない。どの回答も、ある側面からみれば正しいと言える。

資本主義下でいえば、協議では会社は「株主のもの」と言われる。株主は会社の所有者であり、会社の最高意思決定機関である株主総会に出席して議決権を行使できるという強い決定権を持つ。

では、株主総会でどのようなことが決議でき、決議要件がどう定められているかについて主な内容についてまとめてみた。

株主総会の決議(原則)
決議の種類 定足数※1 必要得票数 主な決議事項
普通決議 議決権を行使できる株主の議決権の過半数を有する株主の出席 出席株主の議決権の過半数 計算書類の承認
取締役・会計監査人の選任・解任
監査役の選任
役員の報酬 など
特別決議 出席株主の議決権の2/3以上 監査役の解任
減資
定款の変更
組織変更・組織再編
解散 など
特殊決議   議決権を行使できる株主の半数以上であって当該株主の議決権の2/3以上 株式の譲渡制限の定めをする場合における定款の変更など
総株主の半数以上であって総株主の議決権の3/4以上 株式譲渡制限会社において株主毎に異なる取扱いを定める場合の定款変更

※1定足数とは、決議が有効となるための必要最小限度の出席者数のこと。

少し分かりにくいかもしれませんが、過半数を超える(50%超)持ち株比率を有していると、普通決議で取締役や監査役を自分の思い通りに選任することができ、会社の日常業務についてほとんどすべてのことを決定することができる。

さらに2/3以上(66.66…%以上)の持ち株比率を有していると、特別決議で定款の変更や減資などの会社の重要方針を決議することもでき、まさに会社を支配することとなる。

そのためこれを逆手にとって考えると、1/3超(33.33…%超)の持ち株比率を有していると、これらの会社の重要方針を決める決議に拒否権を行使することができ、決議を否認に追い込むことが可能となる。

よって、持ち株比率については、1/3超、過半数、2/3以上と、それぞれに重要な意味がある。持ち株比率をどうするかは非常に重要かつ神経質にならければいけない事項だ。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



出資を受けるとは」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

【店長必見】初めてのお店で高額商品を買わない

ネット通販でモノを買うお客様は「お取り寄せで本当においしいものを食べたい!」と考える方と、「一般には出回らないような安いものをお得に買いたい!」と考える方の、二つに分かれます。そして、前者の気持ちとしても、後者の考えに傾くケースは、とても強いといえます。「最初はグー!」的な、安価な「お試しセット」は、顧客を育てるためにも「不可欠」ということなのですね。

...続きを読む

学習テーマ【マーケティングの活用】

"標的市場を定めてから、事業計画を立てる 標的とする市場の買い手が本当に欲しているものは何か、そしてそれを、どうやって提供するのが好ましいのか、そういう順序で戦略を立てるほうが、売れる道筋をつくりやすいからだ。このように、市場を理解し、その市場の性格に合致するように事業計画を立てることをマーケティングという。 "

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。