建設業を開業するのに必要な許可



■根拠法令・概要
建設業を開業するには、下記の区分に従い管轄官庁の許可を得なければならない。

①二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業しようとする場合
国土交通大臣
※本店の所在地を所管する地方整備局長等が許可を行う。
②一の都道府県の区域内のみに営業所を設けて営業しようとする場合
都道府県知事

<一般建設業と特定建設業>
特定建設業とは、1件の工事代金が3000万円(建築工事業の場合は4500万円)以上となる下請契約を締結する場合のある建設業である。それ以外の建設業を、一般建設業という。

■許可要件(一般建設業)
・経営業務の管理責任者としての経験がある者を有していること
(管理責任者の要件例:許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営業務の管理責任者としての経験を有していること)
・一定の資格または経験を有した専任技術者の設置(専任技術責任者の要件:指定学科修了者で高卒後5年以上若しくは大卒後3年以上の実務の経験を有する者)
・自己資本が500万円以上であること

■手続のポイント
請負金額が500万円未満の軽微な工事の請負の場合、建設業の許可は不要である

■参考リンク
建設業法

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

リピート率は85%。人気アレルギー対策ショップ成功の秘訣(後編)

前々回、前回に引き続き、アレルギー、アトピー、健康対策ショップの『もぐもぐ共和国( http://www.mogumogu.jp/ )』で起業した、有限会社アレルギーヘルスケア代表取締役の岡田由佳さんを訪問。その様子をレポートします。 岡田さんは、家庭で眠っている、知識を持つ母親に活躍の場を提供するべく、次の挑戦として、資格取得者の育成派遣事業を計画しているという。「正しいアレルギーの知識を広めたい」岡田さんが、起業時に抱いた思いはさらに深く、大きくなっている。

...続きを読む

学習テーマ【事業アイデアの実現努力】

"壁を越える取り組みが、斬新なアイデアを形にする 自らが考え出したアイデアを何とか実現しようとする人と、他人がやっているのを見て、自分もと思う人との動機の違い、思いの違い、執念の違いである。参入障壁が高い事業分野は自らも苦しむが、選んだテーマが、何としてもやり遂げたいことであれば、いつかは越えられるし、越えてしまえば後発の追随におびえることもないのである。 "

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。