不動産取引のビジネスを行うのに必要な許可



■根拠法令・概要
不動産取引のビジネス(宅地建物取引業)を行うためには、宅地建物取引業法の規定により、国土交通大臣又は都道府県知事の免許を受けることが必要となる

■免許交付要件
・事務所に常勤して専ら宅建業の業務に従事する、専任の宅地建物取引主任者の設置
・営業保証金の供託(1000万円の供託が必要)

■手続のポイント
免許申請の際、専任の取引主任者となるものが「取引主任者資格登録簿」上勤務先名が未登録の状態になっていること。

■参考リンク
宅地建物取引業法

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

大切なことを忘れない秘訣

大切なことをしっかりと心の中に刻みこみたいのなら、「印象」を強める受け取り方を心がけることが重要だ。なんとなく頭の中に入ってきたものは、原理原則どおり、右から左へと消えていく。今日1日で、あなたの心の中に、何が刻み込まれただろうか?

...続きを読む

学習テーマ【開業告知・宣伝の方法】

"ニュースになるように事業を計画する オープン時の集客の成功は第一歩にすぎない。その人々を再来店につなげ、さらには固定客に育てることこそが店舗経営の神髄である。そのためにも、新たなメニューや新たな顧客コミュニケーションの開発などを行って、たえずニュースを発信し続けていく必要がある。ニュースとは、何より顧客の好反応を生み出す情報のことでなければならない。 "

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。