中古品を扱いビジネスをするのに必要な許可



■根拠法令・概要
中古品を扱いビジネスをするためには、古物営業法に基づいて公安委員会の許可を受けなければならない。尚、ネットオークションを開業する場合には「古物競りあっせん業」に該当するため、許可ではなく公安委員会への届出が必要となる。

■許可要件
・成年被後見人や破産者で復権を得ない者、または禁固以上の刑に処せられ5年を経過しない者等、欠格事由に該当するものは許可を受けることができない

■参考リンク
古物営業法

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

英国TV注目の竹で勝負。職人の思いと技をネットで配信

今回は、創業 111年 日本の竹材専業メーカー虎斑竹専門店『竹虎( http://www.taketora.co.jp/ )』竹虎四代目 株式会社山岸竹材店 代表取締役の山岸義浩さんを訪問。その様子をレポートします。

...続きを読む

中国起業の落とし穴(1)

中国企業を顧客とする場合、最も大きな問題は前回もお話ししたように不払いの問題です。この問題を解決するには、何度か小さな取り引きをして信用できる相手かどうかを見極めるか、信用できる人が紹介してくれた会社から買うしかありません。また、中国の人たちはアイデアはタダだと思っていますので、ちょっと儲かり始めると、すぐに同様のモノやサービスを、より低価格で提供する会社が出てきます。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。