バーを開業するために必要な許可



バーを営業するために必要な許可は「風営法第2条第5号営業」に基づく。
■根拠法令・概要
バーを開業するには、風営法に基づいて都道府県公安委員会の許可を受けなければならない。

■許可要件
・出店できる場所、規模につき、各都道府県につき異なる要件が要求されている
 (客室の床面積は1室5㎡以上であること 等)
・客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
・風営法4条の規定に該当する者(以下例)は許可を受けることができない。
 例)成年被後見人若しくは、被保佐人又は破産者で復権を得ていない者
   1年以上の懲役もしくは禁固の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行を受けることがなくなった日から起算して5年を経過しない者

■手続のポイント
・食事の調理等を行う場合には、併せて食品衛生法の定める飲食店の許可を得ておく必要がある

■参考リンク
風営法

その他、この分野に強い専門家を見る



許認可一覧」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

うまく活用したい固定資産の調達方法~レンタル・割賦購入編~

"リース、レンタルともに「モノ」を借りるという点では同じです。違いは、リースは数年間という長期間の貸し出しを対象としているのに対し、レンタルは早ければ1日借りるだけでもOKなど短期間の貸し出しを対象としている点にあります。したがって、レンタルはリースと比較すると割り高であること、対象物品が限られていることから、一般的には長期間使用する事業用の固定資産では活用し難いところです。 しかし、例えば、臨時の催事のためにディスプレイ用の什器が必要となる場合や機械を工場間で移動するためにトラックを借りたいというような場合、また、とりあえず試しに数日間使ってみたいというような場合にはレンタルすることを検討する価値があります。それぞれの利用場面に応じて選択されることをおすすめします。"

...続きを読む

既存事業のシナジーとしてサイト買収

皆様も自社のお客様と同じ客層のアクセスユーザーがあるサイトを買収することは経営戦略上、最高の武器を手にすることになります。一度サイト買収を検討してみてはいかがでしょうか。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。