NPOとは



昨今では、福祉関連や教育関連の事業を創業しようと計画している人が増えてきた。こうした方の中にはボランティア活動として事業を進め、その組織化を図ろうとする例もある。その組織化として、NPO法人の設立が見られるのだ。

NPOとは、Nonprofit Organizationの略である。「非営利組織」の名の通り、株式会社の営利組織との大きな違いは、収入から費用を引いて出た利益を関係者に配分することができない点である。この利益は、事業に還元することになるのだ。事業の内容が同じでも、営利組織とは違った性格の組織体にということになる。

NPOの主な要件としては、以下のようなものが挙げられる。
・NPO法人の設立には、10人以上の構成員が集まらなければならない。加えて、役員が4人以上(理事3人以上、幹事1人以上)必要になる。尚、役員には配偶者や3親等以内の役員が、役員総数の3分の1を超えてはならない等の規定もある。
・活動の内容が、特定の分野に限定されている。(20の活動分野)
・サービスの対象者が、不特定多数でなければならない。
・情報公開制度が適用され、設立省類等の縦覧により一般の人に公開される。

このように、会社法の法人とは違う点がいくつか挙げられるのだ。
また公証人の定款認証は不要だが、内閣総理大臣または都道府県知事の設立認証が必要になる。この申請から認証までには、約4カ月程度の期間かかることとなるだろう。そしてその後、2週間以内に登記をしなければならないのだ。そのため通常の株式会社よりも、設立手続きや運営は大変といえる。

その他、この分野に強い専門家を見る



NPO」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

サイトM&Aでネット業界に新規参入

自分のようにネット業界に外から入ってくる人間にとっては、サイトを買収することは新規参入の大きな手掛かりになるからです。ネットの世界は、いろいろネットの経験がある人達の集まりで、すでに多くの経験を持ち、なかなか新規参入しづらく思えました。なので「ネット業界外の人間から見た切り口」を最大限に活かさないと入っていけないなと感じました。

...続きを読む

「付加サービス」のカギは「意外性」

あなたが始めようとしているビジネスにおいて、本サービスをしっかりさせるのは当然のことだ。また、値段や量で差別化を図ることも重要だ。しかし、それとあわせて「付加サービス」について検討する視点を忘れないでほしい。その「付加サービス」は、本サービスを助ける強力な手段となってくれるに違いない。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。