NPOのメリット、デメリット



NPOのメリットで一番大きいものは「社会的な信用」という側面だろう。非営利組織という名のとおり、儲けのためにやっているのではないというイメージがあるため、社会的意義のある事業等を行うのであれば、株式会社などよりもNPOのほうが理解されやすいかもしれない。

また、設立するのに費用がかからないというのもメリットの一つだ。登録免許税や印紙代などが不要で、0円で設立できる。もちろん、全て自分で手続きを行った場合で、設立手続きを専門家に依頼すれば依頼費用は発生する。

ちなみに、一般社団法人、一般財団法人というのもあるが、こちらは設立時に登録免許税や印紙代が必要になる。

デメリットとしては、事業年度終了後に事業報告書や収支計算書などの書類を所轄庁である内閣府ないし都道府県に提出する義務がある。これは法律で定められており、罰則もある。また、本業である「特定非営利活動」以外の活動を行っている場合は、別々に帳簿をつけて、収支計算や財産目録も作る必要がある。

その他、この分野に強い専門家を見る



NPO」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

開店販促のアイテム2 売り上げにつながる販促ちらしとポスター

開店時に必要な販促アイテムにちらしとポスターがあります。ちらしやポスターなんていうと大げさな感じを受けますが、効果を考えるとオープン時にこそ実行したいプロモーションです。弊社への問合せもよくありますが、今からでは予算や納期が間に合わない!という状況でのお問合せが多いですね。事前に予算や注文方法、納期、配布について知っておきましょう。

...続きを読む

55歳で起業。3億5000万円売り上げた男

造船1期生としてヤンマーディーゼル(現ヤンマー)に入社し、長年漁船をつくり続けてヤンマー西日本の常務職にまで上り詰めた西川益道さん。仕事をする中で「日本の漁業そのものを復興させなくては」という使命感に燃え、55歳で起業。今までのビジネスの延長ではなく、使命感をビジネスにする。それは、5L世代だからこそできる起業なのかもしれません。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。