株式会社とは



株式会社は広く一般から出資者を募り、1円以上の資本でスタートすることができる。会社の大小はあるが、会社に対して出資する人(株主)と出資された財産を運用する人(経営者)を分けて考えようとする会社形態である。

ただし一般的に小規模の会社の場合は、「株主=経営者」となる場合がほとんどだ。これらの会社は「オーナー会社」と呼ばれ、経営者は「オーナー経営者」と呼ばれる。

株式会社の設立では後述する持分会社(合名会社、合資会社、合同会社)と異なり、定款の認証という行為が必要になる。また設置機関として、最高意思決定機関としての株主総会、業務執行機関としての取締役などが必要になることも覚えておこう。

その他、この分野に強い専門家を見る



会社」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

二十五年間売上を伸ばし続ける、水性マーカーの手法とは?

今回の話題は水性マーカー「ポスカ」のマーケティング戦略です。この事例を題材に、今後の日本を襲う「少子化による市場の縮小」にどう立ち向かうかを考えてみたいと思います。現在の商品やサービスが順調に推移しているうちに、経営者は「次の一手」を考える必要があります。

...続きを読む

リースで固定資産を調達した場合の節税効果

"リースを検討する場面は、当座の資金がないため割賦購入(分割払い)するしか方法がない場合に限定されます。この場合は、リースによる場合の「利息+手数料相当額」と、割賦購入による場合の「利息+手数料相当額」との比較において、どちらが安いかが選択のポイントとなります。  結論として、税務上、本当に有利かどうかの判断は、その資産の「購入費用+利息+手数料相当額=合計額」が最も安い調達方法はどれかということになり、この金額が同額であれば初めてリースが有利と判断されます。"

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。