管理会計



会計とは、企業の活動をお金という単位で記録していくことである。しかしそこには、一定のルールが必要だ。
企業の会計は、大きく以下の2つに分類される。

1)財務会計
税務署やその他第三者に提示するための財務諸表を作成するのが大きな目的。一般に公正と認められた慣行や法律などで定められたルールに従って、利害関係者への報告を前提として行われる。

2)管理会計
あくまで企業内部で経営に役立てることを目的とし、必要な情報を提供する。
管理会計は、「実際に使えること」が重視される。そのため形式は自由であり、その内容は社内の者が理解できれば十分といえる。

例えば大きな会社では、社長の目が隅々まで行き届かないことや、将来の予測可能性を高めるために予算を作成することがほとんどだろう。できたばかりの中小企業の場合は売上高の予測も難しく、いったん売上が計上されると一気に増加するかもしれない。
このように変動要素が多くて安定していない会社の場合には、無理に予算を作成したとしても実体と合わないことが多い。また事務コストがかさみ、さっぱり利益につながらないということもあり得るのだ。管理会計を行うかどうかは自由なので、会社の現状や将来を考えた上で必要であれば行う程度で良いだろう。

モノを製造している会社であれば、製品の原価は重要な情報になるため原価計算を行うことが多い。地方展開あるいは複数事業の運営をしているのであれば、それぞれの損益を知りたくなったりするのも当然だ。そうなれば、部門会計が必要になることも多いだろう。 またどの程度の売上がなければ利益が出ないのかを調べたり、あといくら売上が下がると赤字に転落してしまうのかを検討したうえで戦略決定したいというような理由から、損益分岐点の分析なども行われる。
これらは管理会計の一例だが、通常行っている財務会計のデータを活用しながら、効率よく行えるように仕組みを整えていくことも重要だ。そして何よりも「何のためにどのような情報を必要としているのか」を明確にし、使わない情報を惰性で作り続けないことが重要である。意識しなければ、事務コストはどんどん膨れあがってしまうのだ。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



経営者にとって最低限必要なお金の知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

お客様の会話をスムーズにする事業所選びと名刺作り

名刺やロゴで一番大切なのは、印象に残るかどうかです。印象に残るというのは、創業したばかりの会社にとっては大切なことです。ちょっと遊び心を入れて工夫することで、そこから会話が生まれ、記憶に残る会社になります。

...続きを読む

戦略次第で儲かる行政書士

行政書士についてお話します。行政書士が作成できる書類は、約1万種類と言われています。ここに、行政書士として食べていくためのビジネスチャンスが眠っています。 最初に大切なのが、行政書士で開業をすることは、起業することと同じであると自覚することです。そして、特化しようとしている分野は商品なのです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。