法人にかかる税金の基礎知識



法人にかかる税金の代表は、何と言っても「法人税」である。この法人税は会計で算出される利益に対し税務上の調整を加えて「課税所得」を算出し、その所得に対して一定の税率で課税されるという点が特徴的だ。

会計上「経費」に計上していても税務上の「損金」にならないというケースもある。
「損金」にならない費用をたくさん計上しているために赤字になっていても、これらの費用は「損金不算入」として調整されるため、会計上でいくら赤字でも、課税所得が出てしまい、税額も発生してしまうということになる。逆に「益金不算入」の収益が計上されている場合は、課税所得の計算上だけ調整され、会計上は多くの利益が出ているように見えても税金がかからないというケースもある。

次に注意しておきたいのは、地方公共団体である都道府県と市町村それぞれに税金を払う必要があるという点である。
税金を支払う際、都道府県には「法人都民税、法人道民税、法人府民税、法人県民税」、市町村には「法人市民税、法人町民税、法人村民税」の申告納付がそれぞれ必要となる。東京23区などの特別区は、法人都民税・法人区民税・法人事業税は一緒に申告する。
また都道府県については、同じ申告書で「法人事業税」「地方法人特別税」の申告も行う。法人税や法人県民税、法人市民税については払ったところで損金にはならないが、法人事業税は支払った期の損金にできる珍しい税金である。
また法人県民税と法人市民税には「均等割」という部分があり、たとえ課税所得がない場合でも課税されるという特徴がある。資本金や資本準備金などの金額と従業員の人数で金額が決まり、複数の都道府県や市町村に事務所がある場合は、それだけ均等割の金額も増加するので注意しておこう。

その他、法人にも固定資産税や償却資産税が課税される。これは土地や建物、備品などの固定資産を所有していることによってかかる税金で、損金に計上できる。
消費税については法人が申告納税義務を負うが、預かった消費税から法人が支払った消費税を差し引いて納付するのが原則だ。資本金1000万円未満の設立第1期目・2期目の法人については、原則的に免税となるが、資本金が1,000万円以上の場合には免税対象外とはならず、第1期目から消費税の申告・納付が必要となる。第1期の前半6ヶ月の売上や給与等の金額によっては、第2期から消費税がかかる場合もある。あるいは支払った消費税額の方が多くなる見込みがあるために敢えて消費税の課税事業者になることを選択し、還付を請求することも可能だ。消費税については特例がたくさんあるので、届出書の控えをしっかり管理しておかないと実務的に混乱しかねない。

改正:免税事業者の要件の見直し
個人事業者のその年又は法人のその事業年度に係る特定期間における課税売上高が1000万円を超えるときは、事業者免税点制度が適用されないこととされました。特定期間とは次の期間をいいます。

その他、この分野に強い専門家を見る



決算までには抑えておきたい最低限の会計知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

採用した人材をいかにスピーディーに戦力化するか

最終的に企業発展の速度を決めるのは、『採用した人材が、どれくらいの速さで戦力化するか』ということにかかっています。そのためには、採用への投資の次に、『教育』への投資が必要となることを知りましょう。社内にしっかりとしたしくみや制度があれば、採用した人がおおよそでも何年後には戦力になる、ということがわかってくるものですし、また、そのことがわかっているからこそ、今年は何人採用しなければならないといった計画も可能になるわけです。

...続きを読む

世界で売れる“新・日本文化”を探せ!

今、日本の制服が世界から「カワイイ」と注目されているようです。原宿の竹下通りにある制服アイテム専門店「CONOMi(コノミ)」を目指して来日する海外の女の子も増加しています。今後、少子高齢化が進む日本において、来日外国人マーケットを視野に入れた戦略は欠かせないものです。海外には、日本のアニメやカワイイファッションに憧れて、日本を訪れたいと思っている若者がたくさんいるはずなんです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。