36協定



 36協定とは、労働基準法第36条の「時間外及び休日労働」を行う場合に届け出なければならない協定届になります。法律上、残業も休日労働も行ってはならないことになっています。しかし、この届出を労働基準監督署に届け出ることで、残業等を行わせることができます。とは言っても、「うちは残業も休日労働もない」ということはほぼ通用しません。可能性が少しでもあるのであれば、届出を、しかも毎年行わなければなりません。万が一、労働基準監督署が臨検に入った場合、まず、「36協定を見せてください」と言われます。そこで「ない」と答えた場合、このような基本的なこともやっていない会社ということで、より厳しく指導が入ることになります。

 また、法律上は何時間でも残業時間を設定していいことになっており、労働基準監督署も受理しますが、実際には、月間45時間(1年変形制の場合には42時間)を超えると「特別条項」と呼ばれる特別に残業が増えた理由を書かなければなりません。それだけではなく、80時間を恒常的に超えていたりすると、過労死やうつ等の場合に、業務と労災との因果関係が深いと判断されます。

その他、この分野に強い専門家を見る



労務管理の基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

教育制度を“エンジン”に、成長発展モードに突入せよ!

社内にきちんとした教育のしくみがあるかどうかは、経営そのものを変えてしまうほど大きな問題です。それは本格的に会社が成長モードに入るためのシフトチェンジといえるでしょう。マーケティングがビジネスの起爆剤だとすると、完成した教育のしくみは、まさに、会社発展のための成長エンジンです。

...続きを読む

起業家に必要な資質ってあるの?

では、ここで反対に僕からみなさんに質問です。「起業家になれる人が起業家になるのでしょうか?起業家になって人は事業をするのでしょうか?」まずは、やりたい事とか夢があって、それを実現しようと行動した時からその人は起業家と呼ばれるのです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。