1. 休・退職でよくあるトラブル

      会社を設立しても就業規則を作成していない場合や、雇用契約書を交わしていないケースがあります。そういった場合は確実に言った・言わないのトラブルになります。  

  2. 解雇でよくあるトラブル

      次に解雇の問題です。30日分の賃金を支払えば解雇ができると勘違いしている社長が多いのですが、労働基準法において解雇はかなりハードルが高いことがわかります。これは従来の日本社会が終身雇

  3. 休職した場合の手続き

      実際に従業員が休職した場合には、社会保険から傷病手当金がでます。これは連続3日休んだ後に、4日目以降から最大1年6カ月支給されます。金額は標準報酬日額(給与に対する社会保険の等級表の

  4. 退職した時の手続き

      従業員が退職した場合には、通常、職安と年金事務所での手続きとなります。まず、職安では失業給付による手続きが発生します。雇用保険被保険者喪失届と離職証明書を作成し、出勤簿(タイムカード

  5. 解雇手続き

      解雇を行うことは非常にハードルが高いとは先ほど述べましたが、実際に行う場合には通常の退職手続きに加えて、30日前に予告をせずに解雇する場合には、離職日までに不足している平均賃金額



休職、退職、解雇手続きの基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「セルフマネージャー」の必要性

昨日「起業するぞ!」と固く決心したはずなのに、今日になると早くも心が揺れてしまっている。なぜ、我々の気持ちはこんなにも容易に変わってしまうのか?気持ちを維持するためにはどうすればいいのか?そこで必要になってくるのが自分自身を管理する[セルフ・マネージャー]だ。今回は夢の実現の手助けをする[セルフ・マネージャー]を自分の中に持つ方法を考えてみたい。

...続きを読む

売れる商品はこうして作れ!

見つけ出した売れ筋は、最後の1点まで売り切ってはじめて売れ筋といえます。最初は売れ筋でも最後のほうはなんとなく売れ残っているでは本当の売れ筋ではありません。そこで、個々の売れ筋のその売れ筋となる要因が何と何であるのかを明確にします。最後の1点までPOPなどで訴求しながら売り切るのです。

...続きを読む



この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談利用者からのコメント

年間相談件数6000件超
口コミ数 7600件超
みんな使っている相談サービスです。是非ご活用ください。

データベースへの接続に失敗しました。

→コメント一覧を見たい方はこちらへ