競合について



世の中には数えきれないほどの会社が存在しており、それぞれが実に様々な事業を展開している。特に大資本を持つ会社は新しい有望市場を見つけると、資金を投下して一気にその市場を取りにやってくるだろう。そのため今考えている事業がどんなに新しいものであっても、そこには必ずライバル(=競合企業)が存在しているはずなのだ。ビジネスは競争であるから、これからその相手と市場という同じ土俵上で戦わなければならない。競合と思われる相手が、現在どのような武器で、誰を相手に、またどのように戦っているのか。このことは、事業を行う上でリサーチしておくべきといえる。

その他、この分野に強い専門家を見る



事前に調査すべきこと」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

まずは「1曲マスター」。発想の転換でビジネスを伸ばす

「基礎からきちんと」がセオリーだった業界に“1曲限定”で演奏を教えるサービス「1曲マスターレッスン」を導入した音楽教室。さらに、若かれし頃楽器に挫折した経験を持つ人たちを救おうと企画された「楽器挫折者救済合宿」の人気ぶりから、ビジネス構築のキーとなる「発想転換法」を学びましょう。要は業界の慣習や常識にとらわれず、「既成概念」を外した発想でビジネスモデルを構築することが重要なのです。それこそが今の時代に求められる「顧客目線の商品開発=マーケットアウトの発想」です(*^^)v。

...続きを読む

経費として認められる「修繕費」の税務上の注意点

固定資産の修理・改良費用については、税務上、経費として認められる「修繕費」とするか、あるいは固定資産の取得価額に算入する「資本的支出」とするかの判断をしなくてはなりません。「修繕費」に該当するならば、そのまま一時の経費となりますが、「資本的支出」に該当するならば、固定資産の取得価額に算入した上で「減価償却費」として耐用年数にわたり経費としていく必要があります。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。