賃貸借契約書(賃貸契約書)



賃貸借契約書(賃貸契約書)とは、物の貸借とその対価としての賃料についての条件を書面にした契約書です。一般的なのは事務所や店舗等を借りる場合、レンタルやリースも賃貸借契約の一つです。これらの契約書は、一般的に、かなり詳細な条項が規定されています。それは、民法の賃貸借の規定がほとんど任意規定となっているためです。「任意規定」と「強行規定」という言葉も覚えておきたいです。強行規定とは、当事者の合意よりも強制されるもの、例えば人殺しや強盗を依頼するような契約は無効です。法律で禁じられているから当然です。その逆が任意規定です。

ただし、不動産の賃貸借だけは違います。借地借家法という特別法があり、借り手が強力に保護されています。具体的には、例えば、賃料を支払わなかったからといって、そう簡単には退去してもらうことはできません。判例によると、3回程度の賃料の滞納がない限り、退去させてはならないとされています。

ちなみに、特別法とは、特定の部分(特定の人、事物、行為または地域)にだけ適用される法律です。ビジネスに関連する特別法としては、不動産賃貸借契約なら借地借家法、雇用契約なら労働基準法、製造物の下請契約では下請法、消費者と事業者との特定の方法での契約には特定商取引法、消費者と事業者の契約全般には消費者契約法などがあります。

その他、この分野に強い専門家を見る



契約書トラブル。基礎知識」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「ウン」と「カン」

"十河先生は「運は来るべき人にしか来ない」と言っておられました。来るべき人とは「活かせる人」のことです。活かせる人とは活かす準備が出来ている人です。論理構築の訓練で生まれた勘が実践で磨かれ、本物になっていく。間をすっ飛ばして、結論を導くチカラを持つようになります。これが勘です。 十河先生が言っていた「ウン」と「カン」とはこのようなものだと解釈しました。"

...続きを読む

「思い」を育てる技術

多くの人が夢や希望をもっている。しかし、「思い」はあってもそれをうまく実現できていない人が圧倒的に多い。理由は、自分の「思い」を育てる行為を行っていないからだ。今回は、このコラムでも何度も紹介してきた「アウトプットとフィードバック」の重要性を、自分の思いを育てる技術として紹介してみたい。そして、その夢実現のための新サービスもぜひ体感してほしい。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。