知財でトラブルになった場合の解決法



 まず、知的財産権にまつわる事件は、いきなり送りつけられてくる内容証明郵便で、一気に顕在化する場合がほとんどです。具体的には、正当な権利者から、権利侵害を告げる通知書が、いきなり届くのです。

 不意打ちを受け、気が動転する経営者の方も多い一方で、知的財産権を甘く見て通知書を無視する経営者も相当数いるのが現実です。

 決して慌てる必要はありませんが、適切に対処しないと、後々取り返しのつかない事態に陥ることがあります(具体的には、膨大な損害賠償を支払うことになったり、商品の販売ができなくなったために経営が成り立たなくなったり、といったことが起きる可能性があります)。

 侵害している旨の通知が届いた場合には、まず、相手の知的財産権がどのようなもので、正当なものであるかを確認する必要があります。

 正当な権利であることが確認できた場合、まず、自分のビジネスを一時的にせよ止めるか否かの経営的な判断に迫られます。もし、明らかに侵害しているにもかかわらず、製造や販売を続けた場合、単に損害賠償を請求されるだけでなく、故意の侵害が継続しているとして、刑事罰の対象になってしまうこともあります。

 そして次に、権利者に対して具体的に対応をしていくことになります。

 まず、相手方の権利の内容に本当に抵触しているか否かの判断をし、抵触していないと判断されれば、その旨を説明し反論していきます。

 一方、侵害してしまっていると判断される場合には、その製品の販売を中止したり、サービスの提供を早急に停止するのが原則です。

 ただし、今後も事業を続けていきたい場合には、その知的財産権を譲り受けたり、使用許諾を受けるための交渉をすることになります。また、こちらの持っている技術や特許を相手方に使わせることを認め、こちら側も相手方の権利を使わせてもらうようなクロスライセンス交渉も、1つの方法です。

 いずれの交渉も必ずしも成功するとは限らず、交渉が決裂した場合、裁判所に侵害訴訟が提起されることも多々あります。事件が裁判所に持ち込まれる前に、解決を図ることが望まれます。

その他、この分野に強い専門家を見る





弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



知的財産トラブル」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

償却資産(固定資産税)の申告Q&A

事業をしていると管轄する市区町村役場から、「償却資産の状況について(市町村によって名称は異なる)」という調査文書が郵送されてくることがあります。また、課税の対象であろうと思われる事業者に対しては、毎年12月頃になると償却資産の申告書が郵送されてきます。今回は、設備投資をすると避けられない償却資産の申告についてQ&A形式でお伝えします。

...続きを読む

継ぐって大変なんやから…

悩んでいる社長に言います。「今、創業社長が生きていたら、この状況をどう思うかな?どうするかな?案外、あっさり、やめて新しいこと始めたりして…」僕がこう言って、「それはないです…」って答える社長はいません。みなさん、なんとなくうなずいています。自分で始めたもんは辞めやすいけど、継いだもんは…ってことだと思うのですが、そしたら、創業した社長はそう思っているでしょうか。きっと、違います。若き後継者に今を辞めて、次へのチャレンジを期待しています。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。