クロージング



提案に対して顧客から同意を得られれば、顧客に契約を働きかけて成約に結びつける。営業フローや商談の中で最後の仕上げともいえるこの段階を、クロージングと呼ぶ。   

クロージングは、営業マンが顧客に対して最後の決断を促すことである。とはいえクロージングに至るまでには、それまでの適切な段階を経ていることが条件だ。クロージングの段階まで来ると熱意で突っ走ってしまうことがあるが、そこは冷静さを保ちたい。また、顧客に決断を迫る上では、それまでの過程で決断を促すための演出も必要になる。

その視点から、クロージング前に確認しておきたい事項を覚えておこう。

■顧客の要望の確認
クロージングの段階で、問題を提示されたり、断る理由を未然に防止するために、顧客の要望を再確認しておくことが大切である。提案からクロージングまでに変更になったことや、検討し直したこと、競合の提案内容などを確認して、きちんとケアしておく必要がある。

■優先順位の確認
顧客の優先順位をしっかり見極めて再度確認しておくことである。機能もコストもデザインもすべて満足にすると、当然のことながら見積り金額は上がってしまう。あらかじめ削れる部分がどこであるかを確認しておく必要がある。

■決裁者の確認
交渉相手が決裁者であるかを確認しておくことは重要である。交渉してきた相手が決裁者でなければ、役員や部長に会っておく必要があったということになる。「上に話しはしている」と言われても鵜呑みにせず、クロージングまでに決済者と会って話しをしておくことは、成約につながりやすくなるので、なんとか決済者と会う機会を作るべきだ。

これらの確認と同時に、相手の状況を把握することが重要だ。
クロージングは、相手がまだ契約を結ぶ条件が整っていないうちに迫っても成約に繋がらない。相手の状況が見えていないとタイミングを間違えてしまい、最悪の場合には失注になる可能性もあるのだ。

各確認事項については、クロージング前の各段階で確認するチャンスがある。企業では最終的に会議によって決裁可否が決まるわけなので、場合によってはこちらからその場に必要な資料を用意するという方法も考えられるだろう。商談相手が決裁を得やすい状況をサポートするのも、クロージング環境を整えるという意味で、とても重要なことなのだ。

尚、クロージングでは小手先だけの心理誘導テクニックはやめよう。相手が「これはクロージングのテクニックだな」と気付いた時点で、嫌悪感を抱かれてしまうためだ。

相手が、商談のステージで充分な「興味」を頂き、売り手の事を「信用」してくれていれば、「どうか、ご結論ください」とか「お付き合いしたいのでご購入ください」とストレートにクロージングをするだけで十分である。

決して「説得」で売ってはならない。会社の売上を最大化し、持続的成長を促すためには「納得」で売ることが必要なのだ。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います


営業活動で失敗しないために」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

インターネット初心者が始める「グルメ通販」の落とし穴

電話では「言った」「言わない」というトラブルが発生する可能性もありますし、時間帯なども難しくなります。加えて、これからネットショップをやる、ということは、お客様とのやり取りはすべてメールを使うわけですから、その訓練のためにもメールでのやり取り、すなわち「文章でのやり取り」に慣れてもらう必要があるわけです。

...続きを読む

こと(言)とこと(事)

言葉に力がある人と、言葉に力がない人がいますよね。言葉のチカラって「自信」と「確信」と「意思」からきます。自信とは自分に対する自信です。アイツには負けないという自信ではないです。担保するのは行動です。確信は自分がやっていること、言っていることに対する疑いようのない正しさです。これも担保するのは行動です。意思とは見通しです。自分が動けば間違いなく良い結果が得られるという見通しです。これの担保も行動です。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。