農業・漁業



農業や漁業での営業のポイントは、既存のチャネル施策だけに頼らないことだ。
直接顧客に対して働きかけができないのは、農協や大手流通企業などに我々の生存権を握られているという事。
何かトラブルや変化が起きた際に一気に崩れてしまう恐れもある。

そもそも事業体というのは、主要取引先による販売比率を1箇所あたり30%以下に留めることが鉄則。
大口の顧客が現れるとつい「もう安心だ」と思ってしまうが、これが危険信号となる。ビジネスの関係において、永遠はありえない。もし1社で50%の売上を得ており、その取引先が何らかの事情で倒産あるいは取引打ち切りとなったらどうだろうか。安定していたように見えた経営状態は、一気に絶望的な状況へと陥ってしまう。

特定の取引先に依存する状況は避けるためにも、直販できる体制を一刻も早く整えて、複数業者との取引を実現することが大切だ。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います


業種別のポイント」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

haveからdoへ、そしてbeへ

あるセミナーでhave、do、be、って話を聞きました。講師はこの三つを使って時代がもつ価値の変化を説明していました。こんな風にです。日本の70 年代はhaveの時代、「持つ」ことに意味があった。80年代はdoの時代、「何をするか」に価値は変わった。そして、 21世紀の日本はbeの時代、「どう在るか」が一番大切。have=何を持つか?do=何をするか?be=どう在るか?

...続きを読む

1枚150円の「キャベツ焼き」

"狙った相手が思わず手を出してしまう価格。これを徹底して研究し、何としてもその価格を実現すべく努力しましょう。そのために知恵を絞って初期投資(開業資金)を抑えることができれば、これは一石二鳥です。安く始めて、しっかり売る。 もう一度繰り返します。安く始めて、しっかり売る。"

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。