委託販売



委託販売とは、商品の生産者が商品の販売完了時までその所有権を保持したまま、小売店などの第三者に商品販売を委託する販売形態である。
商品の生産者は、事前に決まった手数料を支払って委託を行う。その代わりに小売店などの販売業者に定価販売を前提とし、一定期間が経過した売れ残りの商品は返却してもらうのだ。そのため商品の生産者は、販売価格の維持が可能となる。しかしその反面で、ストック品の管理や残品処理などに経費がかかるというデメリットもある。

委託販売において、商品の販売を委託する者を委託販売者、販売する小売店など委託される者を受託販売者と呼ぶ。

委託販売では、商品の生産者や商人が小売店などに商品販売を委託した報酬として、売上金額の一定歩合を手数料またはコミッションとして支払う。手数料やコミッションの歩合は、商品や売上金額によって異なる。一般的には、2~3%前後の商品分野から30~40%程度の商品分野まで様々だ。

受託販売者は受託方法によって、以下の3つに分かれる。

・代理商
・仲立商(ブローカー)
・問屋

代理商は委託者の名で売買を行い、売買の媒介のみを行うのが仲立商である。問屋は、自分の名で委託者の計算により販売を行う。最も典型的な委託販売は問屋である。

委託販売は、主に次のような場合に行われている。

・市場性が不安定な新商品や無名品を販売するときに、百貨店や有名小売店のネームバリューで信用を勝ち取り販売を行う。
・商品取引所などの取引は、商品仲買人に委託をして、販売を行う。
・貿易上、在外出先機関を持たない業者や新販路を開拓する業者などは、海外市場の需給や相場の情勢に疎いため第三者に委託する(委託販売貿易)

商品販売の受託者が委託された商品を販売することは、法律上、代理人がその権限の範囲内で本人のために行ったものとミナされる。さらにその法律効果は、すべて委託側に帰属するものだ。これは、民法99条で定められている。つまり受託者が委託品を販売する行為は、委託者自身が商品を販売することと同じ法律効果があるということである。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います




弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



抑えておきたい営業キーワード」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

開店販促のアイテム2 売り上げにつながる販促ちらしとポスター

開店時に必要な販促アイテムにちらしとポスターがあります。ちらしやポスターなんていうと大げさな感じを受けますが、効果を考えるとオープン時にこそ実行したいプロモーションです。弊社への問合せもよくありますが、今からでは予算や納期が間に合わない!という状況でのお問合せが多いですね。事前に予算や注文方法、納期、配布について知っておきましょう。

...続きを読む

誰に、何を、どう売るのか

「誰に、何を、どう売るのか」を決めることを見定めることは、とても大切です。「何を」からスタートしても、絶対に「誰に」を考えねばなりません。 その製品やサービスを受け入れてくれくる可能性のある相手はどういう層かを、徹底的に洗い出すことです。そして、洗い出した層ごとに、それぞれの特性やニーズを研究しまくることです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。