DM ダイレクトメール(FAX・郵送・メール)



ダイレクトメールは、「DM」と略して呼ばれ、その名の通り、商品案内やカタログなどを買い手に送付する営業活動のことを言う。
その手法は、郵送法からFAX送信、最近では電子メールなど時代の変遷と共に様々な方法が編み出されてきた。

無作為で抽出した企業リストや個人の名簿からランダムに送付するケースや、特定の属性を絞りこんで送付するケース。または既存顧客のリピート重要を狙ったものまで、様々な営業活動場面で見られる。

ここで重要なのが、反応率を継続的に計測すること。
案内文書(コピー)によって、反応率は激減するので、送付した文書の保管と反応率はセットで保管すること。
これにより、どんなDMに反応があり、どんなDMはダメなのか理解できるようになる。

そのためにも、「返信用の申込書」や「WEBにアクセスを促す仕組み」などで、統計が取れるようにすることが肝心。

送付手段(郵送、FAX、電子メール)に応じて、コストと効果のバランスを掌握しておくことも大切だ。

ダイレクトメールは、ネットマーケティングなどと異なりコストが掛かる。紙代や発送代、場合によってデザイン費用などを伴う。無駄なコストはかけたくない。そのため、出来るだけ送る相手は絞り込みたいところだ。つまり、ダイレクトメールには精度の高いターゲティングが求められるという事だ。

またダイレクトメールを、テレアポなどの“ネタ”として使うという方法もある。
「以前お送りした資料の件で」
などと切り出せば、前触れなくテレアポするより、担当者へ繋いでもらえる可能性も高まるだろう。

執筆・監修: 藤冨 雅則(ふじとみ まさのり)営業で困った方にお勧めの専門家います




弥生会計オンラインが14ヵ月間無料!

2015年1月以降に法人設立された方もしくは設立予定の方を対象に、
国内最大シェア会計ソフトが30,000円以上もお得に利用できる応援キャンペーンを開催中です。
さらに起業に役立つ小冊子も全員の方にプレゼント。
期限が迫っていますので、この機会を逃さずご利用ください。



とにかく安く会社設立したい方へ~会社設立キット

書類は自分で作れば無料。電子定款申請も受付中。
ご自身で設立 会社設立キット
定款認証印紙代 40,000円 0円
定款認証手数料 52,000円 52,000円
登録免許税 150,000円 150,000円
合計 242,000円 202,000

格安で会社設立するには電子定款
作成した定款は、公証人役場で認証を受けなければなりません。その方法には「紙の定款認証」と「電子定款認証」があります。「電子定款」には、印紙の貼付は必要ないため印紙代の4万円を節約できます。 ドリームゲートでは、電子定款の申請を代行するサービスを、別途手数料 5,000円(税抜)にて行っていますので、会社設立が実質3万5千円お得になります。 詳細は下記よりご確認ください。



営業手法(プッシュ戦略)」について専門家に質問してみたい方。<br />ドリームゲートの無料オンライン相談を是非ご活用ください。



早く確実に会社設立したい方は、専門家に依頼するのが安心です。

まずは会社設立の専門家を探して相談してみよう

全国各地に対応するドリームゲートの専門家。オンライン相談は無料なので、会社設立を検討中の方は、まずは気軽に相談してみてください。初歩的な質問から様々な手続きまで専門家が回答します。



会社設立について事前に学びたい方にはセミナーもオススメ

ドリームゲートアドバイザー主催の会社設立セミナーを見る

会社設立に関するポイント、手続き、疑問等をセミナーで解消しませんか。同じように会社設立を検討している起業仲間とも出会える機会でもありますので、結局的に交流すると人脈も広がります。





起業・ベンチャー経営に役立つピックアップコラム

「情報化社会」を意識したマーケティングを作りましょう

情報化社会の到来を正しく理解していない社長は、いまだに「足で稼げ」とか「熱意が足りない」と言って、営業マンを叱咤激励しているようですが、はっきり言ってそんなやり方では、あなたの会社はお客さまから嫌われてしまいますよ。今の時代に必要なのは、『情報の先出し』。つまり、お客さんが「このことを知りたい」と思った時に、質と量の両面でそれに十分に応えられる程の情報を、「ホームページ」に掲載しておくことです(*^^)v。

...続きを読む

あなたの会社には「事業継続計画」がありますか

企業が存続するためには、従業員とその家族の生命・健康を守った上で、事業を継続して顧客の信用を守り、売り上げを維持する必要があります。事業と売り上げが確保できれば、従業員の雇用も守ることができます。同時に地域経済の活力を守ることにもつながります。BCP策定の目的は、緊急事態発生時においても事業を継続できるように準備しておくことで、顧客からの信用・従業員の雇用・地域経済の活力の3つを守ろうとするものです。

...続きを読む

この記事をご覧の方へ、お勧めのコンテンツ

専門家への無料相談受付中

ドリームゲートでは、無料のオンライン相談を実施中です。起業での悩み、経営者の課題解決のために、多数の専門家が在籍。是非ご活用ください。

在籍専門家  465名
年間相談件数  6000件超
口コミ数  7600件超

無料相談受付中

相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう
相談したいカテゴリーや地域、保有資格で探してみよう。検索はこちらから

検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます
検索結果をチェックして、相談したいアドバイザーを選びます。

相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください
相談したい内容を入力してください。オンライン相談は無料ですので、お気軽にご質問ください。

画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます
画面の指示に従って相談申し込みを完了させると、アドバイザーより回答が届きます。

相談サービス・利用者コメント

相談サービスをご利用された方から、実際に寄られたコメントをご紹介します。
コメント一覧を見たい方はこちらへ

データベースへの接続に失敗しました。